Hey! Say! JUMP・八乙女光『ものまね王座決定戦』初審査「極限の戦いでした!」

3

2021年12月03日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真3日放送のバラエティー『ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』(C)フジテレビ
3日放送のバラエティー『ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』(C)フジテレビ
 3日放送のフジテレビ系バラエティー『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』(後7:00)では、高得点連発のハイクオリティーバトルが盛りだくさんとなっている。

■八乙女光のTV出演歴

 ものまね芸人をはじめ、ものまねが得意なお笑い芸人やアーティスト、一般人など、総勢28組が参戦し、負けたら最後のトーナメント方式でそれぞれのものまね芸を競い合うという、年に一度の特別番組。今回もベテラン勢による、経験値や技術力の高い歌まねと、“新世代”による物おじしないパワフルな歌まねがぶつかり合う。司会を務めるのは今田耕司、東野幸治、西山喜久恵アナ、山崎夕貴アナ。審査員として、堺正章、片岡鶴太郎、八乙女光(Hey! Say! JUMP)、須優衣、ウルフアロンらが出演する。

 MC陣と八乙女がコメントを寄せた。

■今田耕司
令和の曲とか、誰もがご存じの名曲とか、いろいろな曲で勝負してきて、非常に見応えがありましたね! この1年はコロナ禍で皆さん大変だったので、その鬱憤(うっぷん)を晴らそうと、この年末のものまね王座に思いをぶつけてきた感じがします。それもあって、いつもの独特の緊張感にプラスして何か“今年、絶対に優勝したい!”という気合いも感じました。“ある瞬間にプロの歌手を上回るような歌唱力”であったりとか、“歌唱力を本人に似せるために、あえて抑えて歌ったりする技術”というのは、ものまねならではと思うので、今回もぜひ見ていただきたいです。

■東野幸治
いつも決勝に行くような方が敗れたり、新人の方があれよあれよと決勝に進んだりと今回は波乱の展開でしたね。もう“殴り合いのものまね王座決定戦”みたいな感じでした。ダブルネームさんの、カラオケボックスが閉まっていて練習は公園でやっていたという話や、布施さんが今回に向けて声を潰してきた話とか、それぞれ何かやってきたというのを聞くと、みんなに優勝してほしいなぁという思いでした。緊張感やガチな部分、そういうのもひっくるめて、ちょっとハラハラしながら見てほしいですよね。バックステージの震えている感じとか、ドキドキ感も伝わってくると思うので、身内のつもりで“ひいき”を見つけて4時間ぜひご覧ください!

■西山喜久恵
今大会は特に女性のパワーをすごく感じました。新メンバーもベテランもやっぱりうまいし、聞かせるなぁという方がたくさんいて楽しかったです!うちの子も大好きな、よよよちゃんとか、若い世代からの新しいものまねのパワーを感じましたし、いつも以上に幅広い年代の方に見ていただけるものまねオーダーになっていますので、ぜひご家族おじいちゃんからお孫さんまで一緒にテレビの前にそろって見ていただきたいなと思います。

■山崎夕貴
ものまね王座決定戦の場合、ベテラン勢も新ネタを持ってこられていて、現状に満足せずに新ネタに挑戦するという攻めの姿勢に感激しました!今回は特に、決勝に残る人たちのラインナップが想像もつかないメンバーで、本当に波乱の展開が多かったので、最後まで目が離せません。最初から最後まで楽しんで見ていただけるんじゃないかなと思います」

■八乙女光(Hey! Say! JUMP)
――初めてのものまね王座決定戦の審査員でしたがいかがでしたか
『ものまね王座決定戦』は空気が違いましたね。『ものまね紅白歌合戦』で審査員をしたことがあり、その時でさえものすごい緊張感があったんですが、今日はもう点数をつける時の責任感や重さがすごくて、一点の重みを感じながら審査しました。皆さん歌がうまいのはもう当たり前で、それをさらに本人に寄せるっていうのがかなり難しいはずなんですが、そこを1ミリ単位とかミクロ単位の微調整を行って挑んでいるんだなというのがすごく伝わりました。正直、採点も小数点まで付けさせてほしいくらい極限の戦いでした!

このニュースに関するつぶやき

  • 八乙女は、誰かメイクの第一人者に山本美月そっくりにしてもらえば面白いのに。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • Hey! Say! って,平成みたいですね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定