小栗旬“天海”らに待ち受ける衝撃的な出来事とは?

0

2021年12月03日 13:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

小栗旬が主演を務める日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第8話が、12月5日に放送される。

1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」が原作。2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語が展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。小栗は、主人公の環境省官僚・天海啓示を演じる。

先週放送された第7話で天海らは、アメリカと中国を相手に移民交渉に乗り出すが、両国を天秤にかけたことが裏目に出てしまい、中国が世界に向けて極秘だった日本沈没の事実を公表してしまう。ネット上では「交渉って難しい」「官僚の方々は大変」「もう台無し」「里城先生優秀じゃん」「どうなるんだろう」などのコメントが寄せられた。

<第8話あらすじ>
アメリカの会見を受けて、中国は日本政府との移民交渉を完全に遮断。そして、世界各国も中国の動きに同調し、もはや世界との移民交渉の窓口は閉じられた。また、日本沈没という情報が全世界に知れ渡り、日本国内でも政府や総理の東山栄一(仲村トオル)に対しての怒りやデモは日増しに高まっていた。

そんな中、中国に再度交渉しに行った日本政府は、到底不可能な条件を突きつけられる。天海啓示(小栗)と常盤紘一(松山ケンイチ)は、何とか移民交渉を進めるために中心となって動くが、なかなかうまくいかない。

八方塞がりの中、田所雄介博士(香川照之)からは日本沈没はいつ起きてもおかしくないという話を聞かされる。追い込まれた天海は、唯一の打開策を思いつく。それは、中国に対しての一か八かの危険な賭け。副総理の里城弦(石橋蓮司)の協力も得て、その賭けに出る天海だったが……。

そして、衝撃的な出来事が待ち受けていた。
    ニュース設定