秋冬の困った「着ぶくれ」もなんとかなる! 体型カバーに効果的な「差し色」コーデ具体例

40

2021年12月03日 19:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真秋冬ファッションは、着ぶくれするのが悩みの種。ぱっと目を引く鮮やかな色を上手に取り入れると、すらりと引き締まった印象を与えることができます。差し色で体型カバーを叶えるポイントを見ていきましょう。
秋冬ファッションは、着ぶくれするのが悩みの種。ぱっと目を引く鮮やかな色を上手に取り入れると、すらりと引き締まった印象を与えることができます。差し色で体型カバーを叶えるポイントを見ていきましょう。
秋冬ファッションは、着ぶくれするのが悩みの種ではないでしょうか。2021秋冬は、ぱっと目を引く鮮やかな色を取り入れたコーディネートが注目されています。差し色と呼ばれるこのテクニックを上手に活用すると、すらりと引き締まった印象に。

ここでは、6つのコーディネートを例に、差し色で体型カバーを叶えるコツを見ていきましょう。

ホワイトに映える差し色は鮮やかなグリーン

短冊切りのレザーを編み込んだイントレチャートで知られる高級ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」。青々とした芝生を連想させる明るく力強いグリーンが、ウエアやバッグ、シューズなどさまざまなアイテムで見られるようになり、“ボッテガグリーン”と呼ばれるようになりました。

この“ボッテガグリーン”を彷彿とさせる鮮やかなグリーンを取り入れたコーディネートが流行しています。
出典:WEAR

フェイクムートンジャケットとフェイクレザーのタイトスカートの白黒モノトーンコーデ。ボトムスのすっきりしたIラインに、ボリューム感のあるアウターを重ねてメリハリをつけています。鮮やかなグリーンのバッグが視線を引きつけるフォーカルポイントとなり、シンプルなスタイリングに彩りを添えています。
出典:WEAR

スタンドネックとロングシルエットが雰囲気たっぷりの白いコートに、鮮やかなグリーンのマフラーをさらりと肩にかけたコーディネート。マフラーは厚手の起毛素材で、インパクトのあるねじり仕様のフリンジがついています。

コートのスタンドネックにマフラーがフィットし、すっきりとした縦のラインをつくることで、細見えを叶えています。

ブラックに映える差し色はピンク

出典:WEAR

黒のテーラードジャケットとタックストレートパンツのセットアップのインに、鮮やかなピンクのセーターを合わせたシンプルかつインパクトのあるコーディネート。

セーターは首まわりにゆとりのあるハイネックデザインで、サイドスリット入り。ふっくら柔らかな肉感のあるウール素材ですが、前身頃が短めなので、前だけインしやすくなっています。視線が上半身のピンクに引き寄せられるので、すらりとした着姿となっています。
出典:WEAR

トップス、パンツ、モッズコートなど、異素材の黒を重ねたブラックコーデ。肩から掛けたくすみピンクのセーターに視線が引き寄せられ、身長を高く見せています。前身頃はケーブル編みですが、このコーデでは、後身頃のリブ編みを見せて、シンプルかつカジュアルにまとめています。

ブラウンのロングブーツが外しアイテムとなり、抜け感を醸し出しています。

後退色=寒色系は、ベースカラーとの対比がキモ

出典:WEAR

セーターとマーメイドラインのロングスカートのモノトーンコーデには、肩に掛けたペールブルーのマフラーを差し色に。マフラーを首に巻きつけるのなら、セーターの白に映える鮮やかなブルーがベターですが、ペールブルーのマフラーをこうして長く垂すと、スカートの黒に映えて、縦のラインが強調されます。

色には、前に飛び出して見える進出色と、後に引っ込んで見える後退色があります。差し色に適しているのは、どちらかといえば進出色です。ブルー系やバイオレット系などの寒色系は後退色なので、このコーデが示すように、ベースとなる色との対比が重要になるわけです。

ブラウンに合わせやすいイエロー

出典:WEAR

差し色コーデはモノトーンに色を加えることが多いのですが、ここでは少し違う例を見ていきましょう。ブラウン系のチェック柄ステンカラーコートに、イエローのセーターを肩から掛けた差し色コーデ。

モノトーンにイエローを合わせると、メリハリが効いて際立って見えますが、ブラウンはイエローと同じ暖色系なので、適度に馴染みソフトな印象になります。

差し色を上半身に取り入れると、視線を上に引き上げるので、身長を高く見せることができます。また、差し色で縦のラインをつくると、ほっそりとした印象になります。ここでご紹介したコーディネート例を参考に、みなさんも差し色の取り入れ方を工夫してみてくださいね。

松本 英恵プロフィール

東商カラーコーディネーター検定1級、文部科学省認定色彩検定1級取得。パーソナルカラー、カラーマーケティング、色彩心理、カラーセラピー、ラッキーカラー(色占い)などの知見を活用し、カラーコンサルティングを行う。
(文:松本 英恵(カラーコーディネートガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • ☆元々原色好きならまだしも、地味色好きがわざわざ目立つ原色を入れる意味が解らん(-o-;) 私は、茶色と黒で充分。せいぜい普段黒の靴下を白にする程度だわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ちゃんと読んでないけど、写真に写ってる人が細すぎるので体脂肪率35%以上のモデルさんでやってくれ…体型カバーの真骨頂を見せてくれ!!!
    • イイネ!50
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定