【カムカムエヴリバディ】第26回あらすじ 美都里も2人の帰りを快く受け入れる

1

2021年12月04日 08:15  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『カムカムエヴリバディ』第26回より(C)NHK
『カムカムエヴリバディ』第26回より(C)NHK
 女優の上白石萌音が初代ヒロインを担当する2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。6日放送の第26回あらすじを紹介する。

【場面写真】きぬちゃんとも久々の再会を果たす

 安子(上白石)は、るいを連れて雉真家に戻ってきた。美都里(YOU)も孫の姿に顔をほころばせ、2人の帰りを快く受け入れた。そして雉真家には女中の雪衣(岡田結実)が加わり、千吉(段田安則)と美都里、勇(村上虹郎)とともに新たな生活が始った。

 大阪での苦しい暮らしから一変、不自由ない日常を手に入れたはず。しかし、安子の心はどこか大阪での日々を恋しく思う気持ちが出てきて…。

 本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。朝ドラ史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石、るい役を深津絵里、ひなた役を川栄李奈が演じる。
    ニュース設定