金星が「最大光度」に ひと際明るい「宵の明星」 夕方は南西の空に注目

105

2021年12月04日 15:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真金星が「最大光度」に ひと際明るい「宵の明星」 夕方は南西の空に注目
金星が「最大光度」に ひと際明るい「宵の明星」 夕方は南西の空に注目

きょう4日(土)は、金星の明るさが最大となる「最大光度」に。南西の空にひと際輝く、宵の明星に注目です。



●金星が最大光度


きょう4日(土)は、金星が最も明るくなる「最大光度」になります。日没後、南西の空の低い位置に、宵の明星として、ひときわ輝く金星を見ることができます。きょう午後5時の金星の高度は20度くらい。腕を伸ばして、地平線から握りこぶし2つ分の高さが目安です。
金星の明るさはマイナス4.7等で、1等星の100倍以上の明るさになります。また、木星や土星も近づき、3つの惑星が同じような間隔で並んでいるように見えます。
ちなみに、地球から見た場合、金星は約1年7か月周期で満ち欠けを繰り返し、見かけの大きさ(視直径)も変化します。双眼鏡や望遠鏡を使うと画像のように、さまざまな金星の姿を見ることができます。なお、最大光度の頃は三日月のように欠けて見えます。


●実は昼間でも見える


国立天文台によると、きょうの金星の出は、東京で午前9時39分。入りは午後7時14分です(※)。すでに金星は地平線から上に出ています。とても明るくなっているため、昼間でも見えることもあります。
方角や高度を確認して、探してみてはいかがでしょうか。観察の際は太陽光で目を痛めないよう、注意して下さい。
※出入りの時刻は、金星の中心が地平線に一致する時刻です。


●太平洋側は広くチャンスあり


きょうの夕方から夜にかけて、太平洋側の平地では広い範囲で晴れる見込みで、多くの所で金星を見ることができそうです。西日本は雲の広がる所がありますが、雲の隙間からチャンスを伺いましょう。
なお、日没前後は気温が急に下がり、昼間よりも北風が一層冷たくなります。寒さ対策を十分に行ってください。
一方、山陰や北陸、北日本の日本海側は寒気の影響で雨や雪が降り、残念ながら星空観察にはあいにくの天気となりそうです。


このニュースに関するつぶやき

  • 西の空に、明けの明星が輝く頃、ひとつの光が宇宙へ飛んでゆく。それがぼくなんだ…ヾノ ◜ω◝ )イヤイヤ西の空なら宵の明星d(゚∀゚。)デス!!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今日は見れんわ。だいきんぼしが
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(45件)

ニュース設定