どこまでが正解? 2回目デートがわりと難しい理由と距離の縮め方

0

2021年12月04日 21:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
■2回目のデートがわりと難しい理由

初めてのデートは、誰だって緊張するものです。2人きりというシチュエーションに慣れていなく、相手との距離感を探る必要があるからです。

男性たちが「本命ちゃん」には絶対しない7大行動!

そのぶん緊張感があり、初めてのデートは多少相手が失敗しても受け入れることができるでしょう。

一方で2回目のデートはどうでしょうか。「もしかして合わないかも」という気づきを得ることもあれば、あまりに他人行儀だと「好きレベルの違い」を見せつけられたような気持ちにもなります。

■2回目のデートはどこまでが正解?

では男性は2回目のデートでどこまで距離感を縮めてもいいと思っているのでしょうか? 実際に聞いてみました。

■手繋ぎはOK

「自然な流れだったり、その女の子の性格的に『手をつないでいい?』と言われたら悪い気はしないと思う。あまりいやらしいスキンシップではないので、受け入れると思います」(男性Mさん・21歳/大学生)

手繋ぎくらいなら、2回目のデートのムードによっては許容だとのこと。時間を決めて手をつなぐなど相手の気分を伺う様子があれば、悪い気はしないでしょう。

■あらたまったハグは避ける

「2人きりでもまだ緊張するのに、いきなりハグを求められても困ります。でも距離が近いのは大歓迎かな。寄り添う感じなら嬉しいかも」(男性Eさん・31歳/エンジニア)

ハグまでは「さすがにやりすぎ」といった答えが多かったです。しかし、歩いている時に肩が触れるくらいなら許容な男性も。お化け屋敷で抱きつくなどは、展開が想像しやすく「熱意が怖い気がする」という男性もいました。

■キスは避けた方が無難

「正直2回目のデートでキスは控えます。あまり親密になっていないし、そんなに焦る必要もないと思うから。

たとえば酔った勢いでという場合も“2回目のデートなのに、そんなに酔っ払う?”と、ちょっと残念な気分になります」(男性Sさん・29歳/公務員)

2回目のデートではキスを避けるのが無難。求めることも、頬にすることも控えましょう。来る時まで大事にとっておくのが理想です。一緒にいることを純粋に楽しむべき時間でしょう。

■2回目のデートはどんな場所が理想的?

2回目のデートは、より2人の絆を深めるようなスポット選びが重要です。

■食事が好きな2人にはカジュアルなお店

いきなり、かしこまったレストランにいく必要はありません。場所慣れしていないところだと、会話も緊張してしまいがち。

ここはちょっとおしゃれなレストランで、話すことに困らないランチなどから距離を縮めていきましょう。ファミリーレストランや、お食事もできる喫茶店なら、周りの声につられてより会話が弾むかも。

■深い話をしたいならおしゃれで静かなバー

2人とも話すことが好きな場合は、これまでに幾度となく相手の情報を掴めてきたかもしれません。周りが賑やかな環境は、ときに雑音で彼の話に集中できない場合も。

バーなどの静かでおしゃれな空間がおすすめです。より親密になれるような騒がしくない環境でのデートを試してみてください。

■クールな彼には水族館

話すことが見つからなかったり、2人とも人見知りな場合は共通の話題を見つけられるスポットがおすすめです。

水族館なら、落ち着いて話もできますし天候に左右されることがないので、2回目のデートスポットとしておすすめですよ。

■2回目のデートは何を話せばいい?

2回目のデートでは話題にも困るもの。2回目のデートが楽しいものになるような話題選びも重要です。

■仕事の話

仕事の話を嫌う男性は少ないでしょう。唐突に「仕事は何しているの?」と聞くと違和感があるので、まずは「仕事は忙しい?」「休日は?」など、仕事に関係するような会話の切り出し方がベターです。

■好きな食事の話

食べるということが嫌いな人はあまりいないので、好きな食べ物について聞いておくと次回以降のデートの提案もスムーズになります。「イタリアンは好き?」など、大枠から好きな食べ物を探っていくといいでしょう。

そのとき自分の好きな食べ物についても話題に出すと、男性もあなたのことをより理解しやすくなり会話が弾みやすいです。

■休日の過ごし方

休日の過ごし方を聞けば、彼の趣味や友達関係がなんとなく見えてきます。「休日はヨガをしている」など自分の話をしたあとに、彼の休日のことについても踏み込んで聞いてみてください。

■実家や友達の話

家族に関する話題は、人によってはあまり進んで話したくない場合もあるので、軽いタッチがいいでしょう。「友達とはどこいくの?」「どこがご実家なの?」など、関係性を深く探らないような会話がいいでしょう。彼が話してくれたぶん、自分の情報開示もお忘れなく。



2回目のデートは、以前より親密になれたような気もすれば、まだ他人行儀なところもあり難しい関係性です。

まだ彼から「付き合おう」などの言葉が出てこない場合はとくにドキドキするデートになります。帰りがけに思い切って「私たち付き合ってるよね?」など質問してみるのもいいでしょう。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定