Hey! Say! JUMPは“めちゃくちゃ仲よし”、15周年イヤー突入で「進化を見てほしい」

0

2021年12月05日 11:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真Hey!Say!JUMP
Hey!Say!JUMP

 CDデビュー14周年を迎えたHey! Say! JUMP。記念すべきデビュー日の11月14日に聞いた、それぞれの思いとは――。

Q1:Hey! Say! JUMPの強みとは?
Q2:15周年イヤーをどんな年にしたい?

山田涼介
1993.5.9生まれ
東京都出身 B型


1:めちゃめちゃ、仲がいいです。一緒にごはん食べに行くのも普通だし、プライベートでもよく遊ぶ。最近は行けてないけど、知念とは旅行もするし。メンバーと一緒にいるのって、ラク。僕が見知ってきた限り、仲のいいほうが物事がよい方向に進むことが多いので、すごく強みだと思う。なかなかないんじゃない?プライベートでもメンバーと会うのって。

2:“現状維持”の1年にしたいです。それは停滞という意味じゃなく……。僕らの仲のよさについてはファンの方は、よく知っていると思うので、そこをしっかりとお見せする15周年イヤーにするために、今、いろいろなことを計画中です。コンサートもそうですけど、まあいろんなことをやる予定なので、期待して待っててください!

知念侑李
1993.11.30生まれ
静岡県出身 AB型


1:メンバーそれぞれが、芸能人として、アイドルとして表に出ているとき、自身のキャラクターを無理してつくってないところ。15年ものあいだ求められる“僕”を演じていたら、たぶんつらいと思うけど、ちゃんと素に近い部分を、みんなが出せている。みなさんが見ているHey! Say! JUMPは、僕らが感じているHey! Say! JUMPとほぼ同じだと思います。

2:応援してくださっているファンの方々との“記念の年”にしたい。それこそ、一生の記憶に残るような。まずは11月28日から始まったアリーナツアーで感謝の気持ちを“直接”伝えたいです。あと、まだ僕らを知らない方にHey! Say! JUMPを印象づける年にもしたい。極端な話、ソロ活動ゼロにして、グループ活動だけやっても僕はいいかなって思ってます。

中島裕翔
1993.8.10生まれ
東京都出身 A型


1:Hey! Say! JUMPの強みは、振り幅と個性。最初はメンバーそれぞれの個性を見つけてもらうのはすごく難しいことだったけど、今では冠番組や個々の活動で出演してる番組で知ってもらったり認知してもらえていると思う。

2:デビュー15年目っていうのはひとつの節目。この年齢でそんな節目を迎えるのは早いほうですよね。正直ここまでやれると思ってなかった……そう思うと、スタッフのみなさんやファンの方たちに感謝です。常に“Hey! Say! JUMP、また新しいことやってるね”って言ってもらえるようなチャレンジをしていきたいですし、個人としてもグループに還元できるような活動をしていけたらいいなって思っています。

有岡大貴
1991.4.15生まれ
千葉県出身 A型


1:「Hey! Say! JUMPはどんなグループ?」って聞かれたら、わちゃわちゃしたグループと答えています。強みは仲がいいこと(笑)。デビュー当時、中学生、高校生だったときの男子学生のノリと、大人になった今も雰囲気が変わらないんだよね。人数が多いから広い楽屋を用意してくださっても、気づいたら結局1か所にギュッと集まっちゃうし。誰かしら好き勝手にしゃべっているから、楽屋が常ににぎやかです。

2:15周年イヤーはグループ活動で充実した1年にしたい。コンサートはもちろん、全員でバラエティー番組に出演して、今の僕らの魅力を伝えられたらいいな。10周年でやったことも今改めてやったら全く同じことにはならないと思うし、15年の進化を見てもらいたいですね。

高木雄也
1990.3.26生まれ
大阪府出身 O型

※高木の「高」は、正しくははしごだか

1:強みは、わちゃわちゃ感! とにかく、みんな仲がいいところが強みなんじゃないかな。あと、ジャニーズのグループの中でも人数が多いということもそう。人数が多いからこそ、ダンスのフォーメーションもそれだけインパクトのあるものを見せられるし。カッコいい系からポップでかわいい系まで本当にいろいろな楽曲があって、見せ方をガラッと変えられる振り幅がデカいところも魅力だと思ってます。

2:いよいよ15周年イヤーに突入するけれど、この2年は僕らもまったく身動きがとれなかった。コロナ禍以前の“普段どおり”にファンの子と会えたらいいなって思う。何ができるのかはこれから考えて、みんなに楽しんでもらえる1年にしたいです!

伊野尾慧
1990.6.22生まれ
埼玉県出身 A型


1:15年前はまだ10代だった僕らも今では大人になった。この15年の間に活動してきたことすべてが強みになっていると思います。僕自身も情報番組、バラエティー、お芝居など、ジャンルを問わず、幅広くお仕事をさせてもらって、さまざまな経験をしてきました。メンバーそれぞれがいろんな場所で活躍することで、それをグループに還元できていることも大きな強みなんじゃないかな。

2:この2年間はファンのみなさんを近くに感じられる機会が少なかったんですよね。会えなかった時間を取り戻せるように、15周年イヤーはファンのみなさんと一緒に過ごせる活動がたくさんできたらいいですね。コンサートをはじめ僕らのいろんな活動を通して楽しんでほしいな。

八乙女光
1990.12.2生まれ
宮城県出身 O型


1:デビュー当時からカッコいい曲やかわいい曲、とにかく振り幅を持って音楽活動をしてきたと思います。その振り幅はどんどん広がっていて、今ではいろんな姿を見せられるようになったし、テレビや映画など個々での活動も増えて、“この人はこれに特化してる”っていうのをそれぞれ持っているグループにもなれているんじゃないかな。

2:今年はやっと有観客ライブができるので、よりファンのみなさんと楽しく過ごせるような1年にしたい。アリーナツアーは、アルバム『Fab! -Music speaks.-』を引っさげて、僕たちとファンのみなさんが楽しめる構成を組みました。2年ぶりに会えたねって、一緒に喜びたい。

薮宏太
1990.1.31生まれ
神奈川県出身 A型


1:ジャニーズっぽさがある王道な曲だけじゃなく、ダンサブルな曲や歌謡曲など、いろんなジャンルで魅せられるところが僕たちの強み。

2:2年ぶりのアリーナツアーはすごく楽しみだけど、久しぶりにファンの子たちと会えることに、実はちょっと緊張してる(笑)。15周年イヤーに突入したということで、ファンの子にたくさん会える機会をつくりたいなと思っています。抽選にはずれてしまって会えない子もいると思うけど、そういう人たちも寂しくならないような企画をどんどん考えていきたい。一緒に楽しめる時間をもっとつくりたいな。みんなに会えない時間があったからこそ、余計にそんな気持ちになりました。

取材・文/高橋もも子、中川薫、福田恵子

    ニュース設定