自分好みにアレンジ スパイス系で大人な飲み物「クラフトコーラ」が流行中

105

2021年12月05日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真クラフトコーラ界の旗手「伊良コーラ 総本店下落合」では、パウチにコーラシロップと氷、炭酸水を入れたコーラが500円で楽しめる(撮影/写真部・加藤夏子)
クラフトコーラ界の旗手「伊良コーラ 総本店下落合」では、パウチにコーラシロップと氷、炭酸水を入れたコーラが500円で楽しめる(撮影/写真部・加藤夏子)
 コーラの世界にも「クラフト」の波が到来した。オリジナルのスパイスを配合し、自分だけの味をつくる。そんなクラフトコーラの世界にハマったら──。AERA 2021年12月6日号の記事を紹介する。


【写真】人気の「クラフトコーラ」の写真の続きはこちら
*  *  *


 クラフトビールに始まって、クラフトジン、クラフトサケなど、アルコールの世界で広まる“クラフトブーム”。小規模な工場でつくられる個性的な味わいのアルコール飲料を指すが、このクラフトブームの波が、今度はノンアルコールドリンクの世界で広がろうとしている。


 考えてみれば、製造免許などつくって売るにはハードルが高いアルコール飲料に比べて、ノンアルコールのドリンクなら、小規模な施設で作れる。クラフトコーヒー、クラフトソーダなど、さまざまなドリンクの“クラフトもの”が生まれるようになった。


 そんなクラフトドリンクのなかで、もっとも大きい波を起こしているのが、クラフトコーラだ。これまでコーラといえば、コカ・コーラとペプシ・コーラが2大ブランド。というか、ほかにコーラのブランドがあるなんて、考えてみたこともない人がほとんどだろう。


 ところが最近、スーパーの店頭でも、見慣れないコーラのボトルを見ることが増えてきた。



複雑で大人っぽい味


 スーパーやネットショップをざっと回っただけでも、さまざまな種類が集まった。そのままボトルを冷やして飲めるストレートタイプと、好みの量の炭酸や氷などを加えて飲むシロップタイプがある。あれこれ試してみると、一口にクラフトコーラといっても、味はさまざまだ。


 スパイスに凝ったまさに「飲むカレー」といえるクラフトコーラもあれば、地場の柑橘(かんきつ)類を加えた「地コーラ」的なクラフトコーラもある。


 自分にとってコーラといえば、ポテトチップスなどのスナック菓子を、しょっぱさを我慢できるギリギリまで口に放り込み、最後にシュワシュワな甘さで中和して、「ああ、幸せ……」的な、ちょっとイケないおいしさが魅力だった。あれはあれで人生に絶対必要なドリンクだが、クラフトものは味わいが複雑で大人っぽい。今までのコーラとは別物になっているものが多い。



秘訣は漢方の火入れ


 そんなクラフトコーラの始まりは、意外と最近の2018年。今やクラフトコーラの有名ブランドになっている、「伊良(いよし)コーラ」の代表、“コーラ小林”こと小林隆英さん(32)のコーラ好きが高じて、手作りコーラを煮だしたところから始まったという。



「片頭痛持ちだったため、頭痛がやわらぐと言われるカフェインをコーラから摂取しようと飲んだのが最初でした。これをきっかけに無類のコーラ好きとなり、世界のコーラを試したいと、世界数十カ国に出かけたほどです」


 コーラ小林さんはそう話す。そんなとき、ひょんなことから約100年前に書かれたアメリカのコーラレシピを入手する。


「材料も手に入りやすいものばかりだったので再現してみると、できたのはまさにコーラ風味の飲み物。コーラって自分で作れるのかと驚きました。そこから理想のコーラを求めての、試行錯誤が始まりました」(同)


 コーラ小林さんのオリジナルコーラの味のヒントをくれたのは、意外にもおじいちゃんだった。祖父は漢方の職人。小さい時から見たり聞いたりしていたおじいちゃんが漢方薬でやっていた火入れの方法をコーラ作りに取り入れてみたところ、ひと味もふた味も違う感動のコーラが完成したという。


 ここで、勤めていた広告会社を退社し、コーラメーカーを立ち上げることを決意する。自慢の手作りコーラを、おじいちゃんの工房の名前「伊良葯工(いよしやっこう)」の屋号を借りて「伊良コーラ」と名付け、フードトラックにのせて「青山ファーマーズマーケット」などで売るようになった。クラフトビールの流れをくむ、「小規模で」「個性的で」という意味のクラフトコーラは、このときできた伊良コーラが第1号とされている。



コカ、ペプシ、イヨシ


 一度飲んだらやみつきになるそのスパイス系の大人のコーラは評判に。多くの百貨店や高級スーパー、映画館、カフェなどでも提供されるようになったほか、漢方薬の工房があった東京・下落合の1号店に続いて、渋谷のキャットストリートにも出店。土日は行列ができるほどの人気店になっている。


「今の日本には、世界に挑戦しようというエネルギーのある若い世代が少ない気がします。世界の有名コーラブランドになって、若い世代のロールモデルになりたい。夢は、コカ、ペプシ……そしてイヨシと呼ばれるようになることです」


 そんなコーラ小林さんが生み出した、自宅でできる簡単手作りコーラのレシピでコーラ作りをやってみた。ステンレスのグラインダーなど、まずはプロっぽいお道具から用意してスタート。レモンは輪切り、スパイスは自慢のグラインダーで潰し、てんさい糖などと一緒に火にかける。沸騰したら火を止め、一晩寝かせればシロップが完成。あとは強炭酸水で割れば、スパイス香るコーラが楽しめる。スナック菓子との相性はいまひとつだが、オトナなあなたにおすすめです。(ライター・福光恵)

※AERA 2021年12月6日号


このニュースに関するつぶやき

  • コーラ、コーラ味のモノを色々食べてるとだんだんとコーラ味ってなんだろうとゲシュタルト崩壊を起こしそうになるw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 北海道にはガラナがある(*・ω・)
    • イイネ!21
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(68件)

ニュース設定