三遊亭圓丈さん、心不全のため死去 76歳  新作落語の名手として活躍

188

2021年12月05日 12:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真三遊亭圓丈さん(一般社団法人落語協会 提供)
三遊亭圓丈さん(一般社団法人落語協会 提供)
 落語家の三遊亭圓丈さん(本名・大角弘)が亡くなっていたことを5日、一般社団法人落語協会が発表した。76歳。葬儀は近親者のみで執り行われた。

【写真】NHK大河ドラマで三遊亭圓生を演じた中村七之助

 落語協会はホームページで「当協会理事の三遊亭圓丈(本名:大角弘 おおすみひろし)が11月30日(火)午後3時5分に心不全の為、永眠致しました」と伝え、葬儀は近親者のみで済ませたことを報告。香典や供花は故人の遺志により辞退するとし、「謹んでご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

 圓丈さんは1944年12月10日生まれ。名古屋市で育ち、上京後の64年に六代目三遊亭圓生にぬう生の名で入門し、69年に二ツ目に昇進。奇想天外な独自の実験落語で人気を博し、上方の六代目桂文枝にも影響を与えた。代表作に「悲しみは埼玉に向けて」など。

 78年に初代三遊亭圓丈として真打昇進。81年に第9回日本放送演芸大賞最優秀ホープ賞を受賞。2001年には落語協会の役員に就任し、14年から理事を務めていた。

このニュースに関するつぶやき

  • あらら圓丈師匠、逝てもうたわ(◎-◎;)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • バラエティタレントを少し兼務してたイメージがあります。合掌
    • イイネ!25
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(111件)

ニュース設定