ポールのハミルトン「マックスが走り切っていたら僕は負けていた。レッドブルは決勝でも速いはず」/F1第21戦

0

2021年12月05日 17:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第21戦サウジアラビアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得
2021年F1第21戦サウジアラビアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得
 2021年F1サウジアラビアGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはポールポジション、バルテリ・ボッタスは2番手を獲得、メルセデスはフロントロウを独占した。

 ハミルトンは、FP3でのダブルイエローフラッグ無視とニキータ・マゼピンへの進路妨害の疑いで審議対象になった。前者については、実際にはハミルトンに対してイエローの表示がなされなかったとして規則違反はなかったと判断された。後者についてはチームが適切な形で情報を伝えていなかったとして、ハミルトンには戒告処分、チームには罰金が科された。

 FP3終盤、メルセデスはボッタス車に燃料漏れがあることを発見、予選に向けてパワーユニット交換を行った。新品への交換ではないため、ボッタスはペナルティを受けない。

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 2番手(1分28秒314:ハードタイヤ/23周)
予選 1番手(Q1=9番手1分28秒466:ソフトタイヤ/Q2=1番手1分27秒712:ミディアムタイヤ/:Q3=1番手1分27秒511:ソフトタイヤ)

 ここはうまくまとめるのが最も難しいサーキットのひとつだ。常に限界ぎりぎりで、きわどい状態でマシンを走らせていた。タイヤの力を最大限に引き出すのがとても難しかった。ラップのスタートに備えてグリップを得るためにタイヤを温めようとしても、気温が高いにもかかわらず、フロントとリヤを同時に温めることに苦労した。理由はよく理解できないんだけどね。

 明日に向けてフロントロウを確保することができて誇りに思うし、感謝している。厳しいレースになるだろう。バルテリが近くにいてくれることは常に重要だ。シーズンのこの時期は特にね。彼は素晴らしい走りをしている。明日、一緒にいい仕事をしたいと思っている。

(予選直後のインタビューで語り)マシンと格闘し続けて、最後のラップではオールオアナッシングという感じで走った。それでも望んでいたほどの速さはなかったね。でもこれが僕にできる最大限だったんだ。

 もしマックス(・フェルスタッペン)があのラップを走り切っていたら、彼らが逆転しただろう。レッドブルは明日、間違いなく速いと思う。だから、僕たちは、チームとして協力し合って、賢く戦う必要がある。


■バルテリ・ボッタス(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 6番手(1分29秒019:ソフトタイヤ/19周)
予選 2番手(Q1=2番手1分28秒057:ソフトタイヤ/Q2=4番手1分28秒054:ミディアムタイヤ/:Q3=2番手1分27秒622:ソフトタイヤ)

 このコースを走るとアドレナリンが大量に出るね! 難しいレースになるだろう。このコースはとても厳しいからね。でも少なくとも僕たちは一番有利な位置からスタートすることができる。

 今日の予選は本当に大変だったから、この結果を出せたことは素晴らしい。左側のグリッドは埃っぽいだろうけど、この位置を維持するために頑張るよ。シーズンのなかでも最もタフなコースのひとつだ。精神的にも肉体的にもきつい。明日は何が起きてもおかしくないから、わくわくしている。
    ニュース設定