F1第21戦サウジアラビアGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

0

2021年12月05日 19:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第21サウジアラビアGP予選後会見 PPルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第21サウジアラビアGP予選後会見 PPルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1第20戦カタールGPの予選が行われ、ポールポジション〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション〜5番手に入ったドライバーはルイス・ハミルトン(メルセデス)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)だ。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 予選=5番手
 Q1ではトップタイムをマークしたが、Q3ではタイヤへのアプローチが適切ではなかったと思う。突然ひどいアンダーステアが出て、Q2のタイムにもおよばなかったので、残念だ。

 今回、タイヤの扱いがとても難しく、正しい温度域に入っていないとバランスが完全に変わってしまう。今日それが僕に起きた。

 体に厳しいコースで、身体的にも精神的にも大きなストレスがかかる。セッションごとに調子を上げていくのは大変だ。

 チームにとって理想的な日ではなかった。でも明日に大きな可能性が残されている。長いレースのなかで、何が起こるか分からないよ。レースが楽しみだ。今日、ペースは良かったので、グリッドポジションから順位を上げて、早い段階で表彰台圏内に入りたい。

 グリッドのクリーンな側であることが、スタートでアドバテージになるかもしれない。スタートはオーバーテイクの大きなチャンスだ。そこからトップグループでの戦いに食い込んでいきたいね。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 予選=4番手
 予選にはとても満足だ。今日はこのコースに対してもう1度自信をつけることが最重要だったから、FP3の最初のラップから予選の最後のラップまでそれに取り組んだ。本当に限界まで攻めて、予想外の4番手といういいリザルトを手にすることができた。

 明日はタフだけどエキサイティングなレースになるだろう。ストリートサーキットとはいえ、3本の長いストレートがあるから予想以上にオーバーテイクは可能だ。週末を通してレースペースはよかったし、クリーンなレースができればチャンスは十分にある。昨夜、僕のマシンを完璧な状態に戻すという、信じられない仕事をしてくれたチームのみんなに心から感謝するよ。彼らにいい結果を持ち帰るためにも全力を尽くす。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 予選=3番手
 とてもいいラップだったが、最終コーナーでだめにしてしまった。セッション中の他のラップと同じようにアプローチしたつもりだったが、リヤを失った。自分自身に腹を立てている。もちろんがっかりしているが、レースはあと2回残っているから、何が起こるか分からないよ。

 予選ではマシンが好調だった。すべてがうまくまとまりつつあるので、明日のレースに希望を持つことができる。今日はペースが良かったからね。決勝で前にしっかりついていくことができると思うから、そうであればチャンスが訪れるはずだし、いい勝負ができるはずだよ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 予選=2番手
 このコースを走るとアドレナリンが大量に出るね! 難しいレースになるだろう。このコースはとても厳しいからね。でも少なくとも僕たちは一番有利な位置からスタートすることができる。

 今日の予選は本当に大変だったから、この結果を出せたことは素晴らしい。左側のグリッドは埃っぽいだろうけど、この位置を維持するために頑張るよ。シーズンのなかでも最もタフなコースのひとつだ。精神的にも肉体的にもきつい。明日は何が起きてもおかしくないから、わくわくしている。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション
 ここはうまくまとめるのが最も難しいサーキットのひとつだ。常に限界ぎりぎりで、きわどい状態でマシンを走らせていた。タイヤの力を最大限に引き出すのがとても難しかった。ラップのスタートに備えてグリップを得るためにタイヤを温めようとしても、気温が高いにもかかわらず、フロントとリヤを同時に温めることに苦労した。理由はよく理解できないんだけどね。

 明日に向けてフロントロウを確保することができて誇りに思うし、感謝している。厳しいレースになるだろう。バルテリが近くにいてくれることは常に重要だ。シーズンのこの時期は特にね。彼は素晴らしい走りをしている。明日、一緒にいい仕事をしたいと思っている。

(予選直後のインタビューで語り)マシンと格闘し続けて、最後のラップではオールオアナッシングという感じで走った。それでも望んでいたほどの速さはなかったね。でもこれが僕にできる最大限だったんだ。

 もしマックス(・フェルスタッペン)があのラップを走り切っていたら、彼らが逆転しただろう。レッドブルは明日、間違いなく速いと思う。だから、僕たちは、チームとして協力し合って、賢く戦う必要がある。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定