NTT東日本の先発・片山が6回途中1失点の好投 飯塚監督「100点満点」

0

2021年12月05日 21:41  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

<第92回都市対抗野球 2回戦>
○ NTT東日本(東京都) 3 ー 1 TDK(にかほ市) ●

 NTT東日本がTDKを3−1で下し、準々決勝進出を決めた。

 NTT東日本の先発・19歳の強心臓ルーキー、片山楽生(らいく)は、TDK応援団の大迫力の応援が鳴り響く中、雰囲気に飲まれず淡々と自分のピッチングで、5回まで1安打に抑える。1−0の6回に北畠に同点ソロを浴びたが、6回途中72球・2安打、4奪三振、1失点と試合を作った。

 NTT東日本・飯塚監督は、「相手のピッチャーも良いという評判で、我々もそういう評価をして臨み、ロースコアゲームになると思っていた。うちの先発の若武者(片山)が良く投げてくれた。100点満点ですね。NTT東日本野球部史上、初めての10代の先発なので、歴史に名を刻んでくれました」と称賛。

 「(全部で)5戦を考えたときに片山を使わないわけにはいかない。どこかで使うのだったら今日だなと。チームに若い勢いをくれ、と送り出したらそれ以上のものが返ってきた。ナイスピッチングでした」と褒め称えた。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
    ニュース設定