「プリマジ」まつり、「プリパラ」あまりのライブデビューをファン祝福!セレパラも

3

2021年12月05日 23:09  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真セレパラ歌劇団。左から東堂シオン役の山北早紀、北条そふぃ役の久保田未夢、紫京院ひびき役の斎賀みつき、ファルル役の赤崎千夏、白玉みかん役の渡部優衣。
セレパラ歌劇団。左から東堂シオン役の山北早紀、北条そふぃ役の久保田未夢、紫京院ひびき役の斎賀みつき、ファルル役の赤崎千夏、白玉みかん役の渡部優衣。
アニメ「プリパラ」「キラッとプリ☆チャン」「ワッチャプリマジ!」のキャストによるライブイベント「プリパラ&キラッとプリ☆チャン&ワッチャプリマジ! Winter Live 2021」が、本日12月5日に千葉・幕張メッセイベントホールで昼夜2公演開催された。本記事では昼公演のレポートをお届けする。

【大きな画像をもっと見る】

「プリティーシリーズ」では恒例となっている冬の幕張ライブ。今年の幕開けはシリーズ最新作「ワッチャプリマジ!」のオープニング曲である、鈴木杏奈の「Dreaming Sound」が飾った。この曲でアーティストデビューを果たしたばかりの鈴木だが、初参加とは思えぬ堂々としたパフォーマンスとパワフルな歌声で見事な存在感を示した。

ライブ序盤はプリパラ・プリチャンアイドルの楽曲が、ソロもチームも織り交ぜて次々と披露されていく。ひびきが集めた“天才”たちと目線を交わしながら歌い上げていくセレパラ歌劇団の「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」や、クリスマスにぴったりなみかんの「ピュアリ☆スマイリィ」といったレアな楽曲も。アサヒとコヨイの「マジック・アワー」は有観客では初披露となり、リズミカルに刻む「超いいぜ!」のフレーズでオーディエンスを盛り上げつつも、“何かが足りない気がする”という歌詞に寄り添った切なげな表情も見せ、曲の奥にある物語を感じさせた。また、みちるの「GOスト♭コースター」に続くように「おばけに呼ばれて来ちゃったぞー!」と元気な声をあげながら、おしゃまトリックスが「いたずらカーニバル!!」を披露するなど、合同ライブならではの流れでファンを楽しませた。

そんな先輩アイドルたちの個性豊かなライブが繰り広げられたあと、会場には「ワッチャプリマジ!」の主人公・まつりの独白が響く。「私は、あんなふうになれるのかな」と不安も抱えながら、「やってみよう。私だって…本気の『マジ』だから!」と覚悟を決めてステージに現れた新たなアイドル、もとい“プリマジスタ”を、客席いっぱいに光るピンクのライトと大きな拍手が出迎えた。緊張をにじませつつも、元気いっぱいに笑顔を絶やさずステージを後にしたまつりに続き、みるきはモコモコのコーデとキュートさいっぱいの楽曲で観客を包み込む。そして3人目のプリマジスタ・れもんの「こんな世界に告ぐ」は、今回のライブの中でも異色となったゴシックな世界観と激しさをはらむ歌声で、観客に強烈なインパクトを残した。

ファララとガァララの「リンリン♪がぁらふぁらんど」は、約2年ぶりのステージとなったことを感じさせない、見事に歯車が噛み合うようなパフォーマンス。アニメでの登場も待たれるDARK NIGHTMAREは激しい曲の中にも美しいハーモニーを響かせ、ライブを重ねるごとにレベルアップしていくさまを見せつけた。そして今回は、「アイドルランドプリパラ」からも新たなアイドルが登場。遠慮がちに「香田澄あまり……夢は、キラッキラのアイドルです!」と宣言したあまりを、観客は大きな拍手で後押しする。その応援を背中に受けたあまりは、不安や自信のなさも明かしながらライブに挑むさまを、「カオティックハリケーン」で表現した。

ライブ終盤では、WITHの「好きにしてI-I-Z-E」、NonSugarの「カワイイ・ノンシュジェニック!!!」と、単独ライブを経た2チームがチームワーク抜群のステージを見せる。さらに"GODアイドル"のDressingPaféは、それぞれステージに散って目の前の観客やカメラの向こうの視聴者に手を振りながらも、ひとたびステージ中央に集まると肩を寄せ合い弾けるような笑顔を交わして、チームの絆を強く感じさせた。そしてトリを飾ったのはミラクル☆キラッツ。アニメの放送が終わった今も、3人はどこかで新しい何かに挑戦しているのだろうと思わせる、前向きなメッセージが詰まった「ロケットハート」を元気いっぱいに披露した。

最後の挨拶では、みるき役の相良茉優が「客席側から観ていた『プリティーシリーズ』のライブに立たせていただけることが、ホントにうれしいです!」と元気いっぱいに挨拶。あまり役の飯田里穂は「初めてステージに立ってすっごく緊張してたんですが、大きなハリケーンをこれからもどんどん起こしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」と意気込んだ。さらにDressingPaféよりシオン役の山北早紀は、「今日は私たちのライバルのSoLaMi♡SMILEが不在だったということで、実質私たちが神アイドルじゃーん!」と名乗ってみせる。そして「決めました。2022年はDressingPafé、新たなステージに立てるようにがんばりたいと思います!」と堂々と宣言した。

なお会場では「アイドルランドプリパラ」第2話の配信情報をはじめ、2022年2月23日発売の「キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション Season.3」、3月18日発売のBlu-ray「Welcome to プリ☆チャンランド!」「プリパラフレンドシップ オータムライブ2021」のジャケットもお披露目された。またライブは生配信も行われ、明日12月6日23時59分までアーカイブ視聴が可能な配信チケットが販売中だ。

(c)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PCH3製作委員会
(c)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ IPP製作委員会
(c)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PM製作委員会

このニュースに関するつぶやき

  • 有観客と配信の二本立てが主流になってきたな。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • プリティシリーズライブか
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定