白洲迅、軽部真一は「日本一蝶ネクタイが似合う男」 『めざまし』マンスリープレゼンター就任

0

2021年12月06日 07:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真白洲迅
白洲迅
 俳優の白洲迅が、フジテレビ系『めざましテレビ』(月〜金 前5:25)の12月マンスリーエンタメプレゼンターを務めることが決定した。

【写真】白洲迅、堀田茜と“疑似結婚生活”

 6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」や「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCとして番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーとかけあい、さまざまなエンタメニュースを伝える。

 白洲の出演は13日・21日・27日を予定。今回の発表を受け、白洲がコメントを寄せた。

――この話が来た時の率直な感想は?
生放送ということで、聞いたときからドキドキしています。緊張します。ここ最近、生放送の仕事をさせてもらえるようになったんですけど、皆さんすごく頭の回転が早くて、“そんなに、すぐにワード出てこないよ”と思っていて。時間にも限りがあるし、うまく話せるか心配ですが、百戦錬磨の軽部さんに助けてもらいます。よろしくお願いします、軽部さん!

――軽部キャスターの印象は
子どもの頃から、『めざましテレビ』を見させていただいていたので“あの軽部アナだ”という印象ですね。日本一蝶ネクタイが似合う男だと僕は思っています(笑)。助けてもらいながら一緒に楽しくやれたらいいなと思います。

――『めざましテレビ』の印象は?
すごく明るくて、楽しいイメージがあります。だからこそ、僕も毎朝『めざましテレビ』を見ていました。2021年の最後の月、毎週ステキな朝にできるように、僕自身も楽しんで明るくやれたらいいなと思います。温かく見守っていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします!
    ニュース設定