ウィリアム王子、ダイアナ妃との思い出の歌を明かす「母は運転しながら声を張り上げて歌っていた」

0

2021年12月06日 11:01  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「Time to Walk」に出演したウィリアム王子(画像は『Apple Fitness+ 2021年12月3日付Instagram「Coming December 6: Take a walk with Prince William」』のスクリーンショット)
「Time to Walk」に出演したウィリアム王子(画像は『Apple Fitness+ 2021年12月3日付Instagram「Coming December 6: Take a walk with Prince William」』のスクリーンショット)
ウィリアム王子が現地時間6日配信のApple Fitness+「Time to Walk」クリスマス特別エピソードに出演し、自身がお気に入りの3つの楽曲を明かした。王子は亡き母ダイアナ妃との思い出の歌や、子供達のお気に入り、月曜の朝に元気をくれるヘヴィメタルなどを選び、それぞれに関する秘話を伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

ウィリアム王子が出演した「Time to Walk」は、Apple Fitness+登録者にオーディオベースのウォーキング体験を提供するApple Watchの機能のひとつだ。毎回出演する著名人の話を聞きながら、ウォーキングを楽しむことができる。

王子はエリザベス女王が所有するサンドリンガム・エステートを歩きながら、自身のお気に入り3曲に関するプライベート秘話を明かした。

まず1曲目は、母親の故ダイアナ妃が大好きだった楽曲についてだ。当時ウィリアム王子とヘンリー王子は寄宿学校で学んでいたが、休暇が終わって学校に戻る不安を解消するために妃が車中で色々な歌を流してくれたそうだ。

王子は「その中でも、特に僕の心に深く刻まれていて今も秘密で楽しんでいる歌がある。それはティナ・ターナーの『The Best』なんだ。後部座席で歌っている時、本当に家族の瞬間を感じていた」と述べ、こう続けた。

「母は車を運転しながら、声を張り上げて歌っていた。車に乗っていた警察官も時々歌っていたよ。学校の門に入るまで音楽を聞いて歌っていた。そして車を降りた時、本当に学校に戻るという現実を感じる。だって、それまでは音楽に聞き入っていたからね。」

そしてティナ・ターナーの楽曲について「家族との時間をずっとキープするために、この歌を再生したくなるんだ。今聞くと、あの頃のドライブや母との思い出がたくさん蘇ってくるんだ」と説明した。


さらに王子が2曲目に選んだのは、シャキーラの『Waka Waka』だ。

キャサリン妃との第1子ジョージ王子と第2子シャーロット王女は、毎朝のようにどの歌を流すかで大喧嘩をするため、2人のお気に入りを交互にかけているそうだ。そんな子供達の現在のお気に入りがこの楽曲だという。

ウィリアム王子は「子供達は歌に合わせて腰を動かしたり、ドレスアップするんだ。特にシャーロットはドレスやバレエの衣装を着て、キッチンを走り回っている。すると末っ子のルイが真似をして追いかけてくるので、シャーロットはもの凄く怒るんだ」と微笑ましいエピソードを明かした。


そして3曲目には、月曜日の朝に元気をくれるというヘヴィメタルバンドAC/DCの『Thunderstruck』を選んだ。

「最初聞いた時は、月曜日の朝にはヘヴィだと思った。でも今では月曜の朝の最高の強壮剤になっている。目を覚ましてくれるし、1週間を最高の気分で過ごして、何でも挑戦できる気分にさせてくれるんだ。ただ、この歌を聞くとかなり早足で歩くことになるかもね。」

画像は『Apple Fitness+ 2021年12月3日付Instagram「Coming December 6: Take a walk with Prince William」』『Duke and Duchess of Cambridge 2021年12月5日付Instagram「My whole family have a passion for walking」、2020年12月11日付Instagram「The Duke and Duchess and their family attended a special pantomime performance of The National Lottery’s Pantoland at The Palladium,」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

    前日のランキングへ

    ニュース設定