「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」

2

2021年12月06日 12:12  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真長子と日向子の親子ショット(画像は大谷玲凪 Instagramから)
長子と日向子の親子ショット(画像は大谷玲凪 Instagramから)

 俳優の藤田朋子さんが12月5日にブログを更新。「渡る世間は鬼ばかり」シリーズ(TBS)で共演した俳優の大谷玲凪さんが12月4日に結婚を発表したことを受け、祝福のメッセージを寄せています。



【画像】現在の藤田さんと大谷さん



 藤田さんは1990年のシリーズ開始当初から岡倉家の5女・長子を演じ、一方の大谷さんは長子の娘・日向子として2000年から出演。“娘”からの結婚報告を受け、藤田さんは「なんだなんだ〜こんな写真、撮っちゃってぇ〜(ハートの絵文字)」と夫の横で笑顔を浮かべる大谷さんを愛情たっぷりにはやし立てながら、「素敵な知らせだ。ありがとう」と喜ばしい気持ちをつづっています。



 また「あんなに小さかった玲凪ちゃんが‥」「レディーになって、奥さんになっちゃった」と、初出演当時まだ幼かった大谷さんの成長に感慨深い思いを記した藤田さん。「これからも笑顔で元気で」と大谷さんの今後に温かいまなざしを注いでおり、「付かず離れず見守らせて頂きますぞ」「おめでとう」と、“擬似母”を自称し祝福の言葉を寄せました。



 「渡る世間は鬼ばかり」シリーズは2011年で終了しており、「日向子にも結婚させてあげたかった」と作中で結婚に至らなかった日向子へ無念の思いも吐露した藤田さん。だからこそ現実でゴールインを果たした大谷さんへの喜ばしい思いもひとしおのようで、ファンからも「結婚おめでとうございます!」「渡鬼ファンの私も嬉しいです!」「長子さんには初孫が楽しみですね〜」とお祝いの声が多く寄せられています。


    ニュース設定