毎日3杯まで無料「ベックスコーヒー」のサブスク登場 JR東日本「新幹線オフィス車両」利用者向けに

4

2021年12月06日 12:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新幹線オフィス車両利用者向けに始まった「ベックスコーヒー」と「STATION BOOTH」のサブスクプラン
新幹線オフィス車両利用者向けに始まった「ベックスコーヒー」と「STATION BOOTH」のサブスクプラン

 東日本旅客鉄道(JR東日本)およびJR東日本クロスステーションとfavyは12月1日、駅ナカのコーヒー店「BECK'S COFFEE SHOP」および仕事ブース「STATION BOOTH」のサブスクリプションサービスを開始しました。



【画像】Mサイズまでのコーヒーが1日3杯まで無料



 新幹線オフィス車両は、東北・北海道・上越・北陸新幹線の平日便に設定される新幹線ビジネス利用層向けの新たなサービス。8号車を車内で仕事をしたい人向けとし、座席での「通話」や「オンライン会議」などが許容されます。



 この新幹線ビジネス利用層に向け、駅で一緒に利用する機会の多い単体利用型の駅ナカサービスを月額課金制にしたのが今回のサービス「新幹線オフィス ベックスコーヒープラン」と「新幹線オフィス STATION BOOTH 30分/60分/90分プラン」です。



 新幹線オフィス ベックスコーヒープランは、月額2500円で1日3杯まで毎日、駅ナカのコーヒー店「BECK'S COFFEE SHOP」のコーヒー(ブレンドS・M ホット/アイス 参考価格:1杯300円)を無料で提供。1杯50円でLサイズにも変更できます。東京新幹線、東京新幹線南、上野中央口、大宮新幹線、小山、熊谷、宇都宮、高崎、長野の9店舗で利用できます。



 新幹線オフィス STATION BOOTHは、通常は従量課金制のSTATION BOOTHを月額単位とし、毎月5回分利用できるようにした回数券的なサービスです。30分プラン(30分利用券×5枚)は月1500円、60分プラン(60分利用券×5枚)は月3000円、90分プラン(90分利用券×5枚)は月4500円。参考までに、通常料金は15分275円から(1人用ブース)。月3回利用すると元が取れる計算です。



 申し込みは、新幹線オフィス車両(8号車)に置かれるリーフレットから。販売期間は2022年2月28日まで、サービス提供期間は2022年3月31日まで(当面)。


このニュースに関するつぶやき

  • マックスコーヒーのサブスクがあったら嬉しいのに。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定