町田、3選手の契約満了を発表…土居柊太、岡田優希、酒井隆介が退団

0

2021年12月06日 12:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真写真
 FC町田ゼルビアは6日、MF土居柊太、MF岡田優希、DF酒井隆介との契約満了を発表した。

 現在25歳の土居は浜松開誠館高校から明治大学を経て、2018年に町田に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで16試合に出場し、1ゴールを記録。町田では在籍4シーズンのリーグ戦で83試合に出場し、7ゴールを記録した。

 現在25歳の岡田は川崎フロンターレのU−12、U−15、U−18を経て早稲田大学に進学し、2019年に町田に加入した。今シーズンはJ2リーグで27試合に出場。町田では在籍3シーズンのリーグ戦で83試合に出場し、4ゴールを記録した。

 現在33歳の酒井は名古屋グランパスエイトU−18から駒澤大学を経て、2011年に京都サンガF.C.に加入した。その後、松本山雅FC、名古屋でのプレーを経て、2018年に町田に加入し、今シーズンはJ2リーグで6試合に出場。町田では在籍4シーズンのリーグ戦で84試合に出場し、2ゴールを記録した。

 契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決定した3選手は町田のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

■土居柊太
「プロサッカー選手としてのスタートを切らせてくれたFC町田ゼルビアには本当に感謝しています。この4年間、数え切れないほどの経験をさせていただきました。優勝争いや残留争い、共に闘った仲間やファン・サポーターは自分の財産です。町田というクラブが大好きで、これからJ1昇格を目指していくことが出来なくて残念です。まだまだサッカーを続けて行こうと思っています。これからも応援してくれると嬉しいです。今までありがとうございました」

■岡田優希
「3年間ありがとうございました。サポーターのみなさんの熱い応援と期待に、結果で応えることができず非常に悔しく、残念に思います。ただ、この3年間は、選手としても人間としても大きく成長することができた時間でした。ここで学んだことを活かして、次のステージでも頑張ります。FC町田ゼルビアのJ1昇格を心から応援しています。素晴らしいチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さんと出会えたことは私の誇りです。ありがとうございました」

■酒井隆介
「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様、4年間という長い期間、多大なるサポートありがとうございました。町田に来てから、優勝争い、残留争い、コロナ禍での戦いと、本当に色々な経験をさせていただき、そして、たくさんの最高の仲間に出会えた事、すべてが僕の貴重な財産です。J1昇格を果たせなかった事が唯一の心残りですが、これからは1人のサポーターとしてその日が来ることを信じて応援させていただきます!ありがとうございました」

    ランキングスポーツ

    ニュース設定