トヨタGRスープラ勢は6台中4台に動き。TGRが2022年スーパーGT GT500クラス参戦体制を発表

1

2021年12月06日 13:50  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年にスーパーGTに参戦した6台のトヨタGRスープラ
2021年にスーパーGTに参戦した6台のトヨタGRスープラ
 12月6日、TOYOTA GAZOO Racingは東京都のMEGA WEBで、2022年のモータースポーツ参戦体制を発表した。スーパーGT GT500クラスでは、トヨタGRスープラを使用する6台のドライバーラインアップが発表された。2021年のチャンピオンのひとりである関口雄飛が移籍するなど、6台中4台で動きがみられた。

 2021年は、第8戦富士でau TOM'S GR Supraが優勝を飾り、関口/坪井翔が逆転チャンピオンを獲得したGRスープラ勢。最終戦の興奮がいまだ醒めやらぬ12月6日、TOYOTA GAZOO Racingの2022年モータースポーツ参戦体制発表に合わせ、2022年に向けた新たな体制が発表された。

 まず、チャンピオンである関口と坪井のコンビは大方の予想ではそのまま継続と思われていたが、一転して変化が。TGR TEAM au TOM'Sについては、坪井は残留する一方、新たにGT500デビューとなるジュリアーノ・アレジが坪井のパートナーに加わることになった。アレジは2021年に全日本スーパーフォーミュラ選手権、GT300で速さをみせていたが、GT500にチャンピオンチームからデビューすることになった。

 一方、関口は心機一転、TGR TEAM SARDに移籍し、スーパーGTでの活動を終えたヘイキ・コバライネンに代わって中山雄一とコンビを組むことになった。

 また変更があったのは、TGR TEAM KeePer TOM'Sだ。WEC世界耐久選手権参戦が発表された平川亮に代わり、宮田莉朋がTGR TEAM WedsSport BANDOHから移籍加入。2019年に全日本F3のチャンピオンを争い、同い年で仲が良いサッシャ・フェネストラズとコンビを組む。

 そして宮田が抜けたTGR TEAM WedsSport BANDOHには、2020〜2021年に外国人ドライバーの代役としてGT500でスピードをみせた阪口晴南が加わり、チームの大黒柱とも言える国本雄資とコンビを組むことになった。

 体制が変わらないのは、大嶋和也/山下健太のTGR TEAM ENEOS ROOKIE、そして8年目のコンビとなる立川祐路/石浦宏明のTGR TEAM ZENT CERUMOの2チームだ。とはいえ6チーム中4チームでの体制変更があり、2022年に向けさらなる強化が図られることになった。

TOYOTA GAZOO Racing
2022年スーパーGT GT500クラス ラインアップ
NoTeamCar NameDriverTyre14TGR TEAM ENEOS ROOKIEENEOS X PRIME GR Supra大嶋和也/山下健太BS19TGR TEAM WedsSport BANDOHWedsSport ADVAN GR Supra国本雄資/阪口晴南YH36TGR TEAM au TOM'Sau TOM'S GR Supra坪井翔/ジュリアーノ・アレジBS37TGR TEAM KeePer TOM'SKeePer TOM'S GR Supraサッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋BS38TGR TEAM ZENT CERUMOZENT CERUMO GR Supra立川祐路/石浦宏明BS39TGR TEAM SARDDENSO KOBELCO SARD GR Supra関口雄飛/中山雄一BS

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定