平川亮がTOYOTA GAZOO RacingからWECフル参戦へ。小林可夢偉がドライバー兼チーム代表に就任

0

2021年12月06日 13:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真来季のWEC世界耐久選手権への参戦が発表された平川亮
来季のWEC世界耐久選手権への参戦が発表された平川亮
 12月6日、WEC世界耐久選手権ハイパーカークラスに参戦するTOYOTA GAZOO Racingは2022年シーズンの体制発表を行い、2021年は全日本スーパーフォーミュラ選手権やスーパーGTで活躍した平川亮をWECのドライバーラインアップに加え、小林可夢偉がレギュラードライバー兼チーム代表になることが発表された。

 2021年のWECハイパーカークラスに新型ル・マン・ハイパーカー『GR010ハイブリッド』を投入したTOYOTA GAZOO Racingは、第4戦ル・マン24時間レースでは7号車のマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組が優勝を飾り、可夢偉にとって悲願のル・マン制覇を成し遂げ、今季のドライバーズとチームタイトルを獲得している。

 そのTOYOTA GAZOO Racingが12月6日に2022年シーズンに向けた体制発表を行い、2022年のWECドライバーラインアップを発表した。

 トヨタがWEC/ル・マンの最高峰クラスに復帰した2012年以来、LMP1およびハイパーカークラスに参戦を続けル・マン3連覇という金字塔をも打ち立て、11月3日にレギュラードライバーからの勇退を発表していた中嶋一貴はレーシングドライバーからの“現役引退”を明らかにし、その抜けた穴には、2021年までスーパーフォーミュラとスーパーGTで活躍した平川が収まることになった。

 平川は2021年もチームでテスト走行を行っており待望の世界選手権フル参戦となる。その平川のパートナーとなるのは、昨シーズンも8号車のステアリングを握ったセバスチャン・ブエミとブレンドン・ハートレーだ。

 WECフル参戦が決まった平川は「まずはモリゾウさんと佐藤プレジデントを初め、関係者のみなさま、このようなチャンスを与えて頂きありがとうございます。世界、ル・マン24時間へのチャレンジは僕の夢だったので、まずそこが叶ったので非常に楽しみしています。そして、まず少しでもチームに慣れ、結果で恩返しができるように頑張ります」と発表会で語った。

 そして僚友となる7号車のドライバーラインアップに変更はなく、コンウェイ/可夢偉/ロペス組となることがチーム代表にも就任した可夢偉の口から明らかになっている。

なお、平川はWECと合わせてTEAM IMPULからスーパーフォーミュラに継続参戦することも発表された。

TOYOTA GAZOO Racing
2022年WEC世界耐久選手権 ドライバーラインアップ
NoTeamDriver7TOYOTA GAZOO Racingマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス8TOYOTA GAZOO Racingセバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定