【家つまみ】難しくない! 年末のおもてなしに「リゾット」のすすめ

2

2021年12月06日 16:00  AERA dot.

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真キノコのチーズリゾット  (撮影/写真部・松永卓也)
キノコのチーズリゾット  (撮影/写真部・松永卓也)
 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「キノコのチーズリゾット」。


【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】
*  *  *



 お米を使ったイタリア料理「リゾット」。なかでも、キノコとチーズの組み合わせはおすすめ。一見、難しそうですが、作り方のコツを覚えると簡単です。まずは挑戦してみてください。


 材料の玉ねぎとしめじを炒めたら、お米は洗わずそのまま加えて炒めましょう。洗うとお米が水分を吸ってしまい、野菜やブイヨンの味を吸いにくくなるんです。しかも粘りが出てしまいます。もしも気になるようでしたら無洗米をお使いいただくといいですよ。


 透明感が出るまでお米をしっかりと炒めたら、あらかじめ別鍋で作っておいた熱々のブイヨンを加えます。このとき一気に加えず数回に分けて加えるのがポイント。米の表面がふつふつとして、水分がなくなったら足すことを繰り返してください。焦げないように時々ヘラで混ぜてくださいね。


 お米の硬さは好みですが、私は少し食感が残るアルデンテに仕上げています。日本人になじみやすいお米料理は、年末のおもてなしにもいいですよ。


(構成/沖村かなみ)


◆キノコのチーズリゾット



【材料】(2人分)無洗米1カップ(150g)、ブイヨン(湯500mlに固形チキンブイヨン1個)、玉ねぎ30g、しめじ1/2パック、A(パルメザンチーズ50g、牛乳50ml)、バター40g、塩・黒胡椒各少々、パセリ適量  


【作り方】(1)玉ねぎとしめじはみじん切りにする。湯を沸かしブイヨンを作る。(2)鍋にバター20gを入れて中火で玉ねぎを炒め、しんなりしたらしめじを加えて炒め、米を加えてしっかりと炒める。(3)(2)に熱いブイヨンを1/3ほど加えて中火弱で混ぜながら煮る。(4)残りのブイヨンも数回に分け、米の硬さが少し残る程度に煮る。(5)Aを加えて混ぜ合わせ、塩、黒胡椒で味をととのえる。(6)火を止めて残りのバターを加えて混ぜ、器に盛って分量外のパルメザンチーズとパセリを振る。


【ワンポイントアドバイス】玉ねぎとしめじを炒め、米を加えたら透明感が出るまでしっかりと炒める。ブイヨンは一度に加えず、水分がなくなったらその都度数回に分けて足す。

※週刊朝日  2021年12月10日号


    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定