映画動員ランキング:『ヴェノム』最新作が初登場1位、前作を超えるヒットスタート

3

2021年12月06日 20:47  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(公開中)(C)2021 CTMG. (C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(公開中)(C)2021 CTMG. (C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
 最新の全国映画動員ランキングトップ10(12月4日・5日、興行通信社調べ)が発表され、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が土日2日間で動員30万2000人、興収4億5600万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では動員41万人、興収6億円を突破し、2018年に公開され最終興収21.9億円をあげた前作『ヴェノム』の公開3日間対比で約105%のヒットスタートとなっている。

【画像】2位以下の作品ビジュアル

 マーベルコミックではスパイダーマンの宿敵として描かれているダークヒーロー“ヴェノム”を実写映画化。前作に引き続き主人公ヴェノム/エディをトム・ハーディが、その恋人をミシェル・ウィリアムズが演じるほか、本作で誕生する凶悪ヴィラン・カーネイジ/クレタスをウディ・ハレルソンが演じる。監督は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作においてモーション・キャプチャーで演じたゴラムが大きな話題となるなど、俳優としても活躍するアンディ・サーキスが務めている。

 2位は、人気アイドルグループ・嵐、初のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』。土日2日間で動員10万人、興収3億円をあげた。累計では早くも興収25億円を突破している。

 3位はディズニーの『ミラベルと魔法だらけの家』。土日2日間で動員9万7000人、興収1億2500万円。

 以下、先週3位の『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』が4位、先週4位の『そして、バトンは渡された』が5位と、先週の1位から4位がそれぞれワンランクダウンでスライドする形となった。

 先週同様6位をキープした『劇場版 きのう何食べた?』は、累計で興収12億円を突破。先週5位でスタートした『ディア・エヴァン・ハンセン』は8位となっている。

 新作ではアニメーション映画『ARIA The BENEDIZIONE』が10位に初登場。単行本累計465万部、関連書籍累計82万部が発行された未来形ヒーリングコミックを原作としたテレビアニメの劇場版第2弾。原作者・天野こずえ描き下ろし原作をもとに、総監督・脚本:佐藤順一、監督:名取孝浩が続投。声の出演も、斎藤千和、皆川純子、中原麻衣らメインキャストが再集結している。

 また、イケメン役者育成ゲーム「A3!」が原作の人気舞台劇を実写映画化した2部作の第1弾『MANKAI MOVIE「A3!」〜SPRING & SUMMER〜』は惜しくも圏外のスタートとなっている。

■全国映画動員ランキングトップ10(12月4日・5日)
1(NEW)ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(公開週1)
2(1↓)ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(2)
3(2↓)ミラベルと魔法だらけの家(2)
4(3↓)映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(5)
5(4↓)そして、バトンは渡された(6)
6(6→)劇場版 きのう何食べた?(5)
7(9↑)劇場版 ソードアート・オンライン −プログレッシブ−星なき夜のアリア(6)
8(5↓)ディア・エヴァン・ハンセン(2)
9(7↓)土竜の唄 FINAL(3)
10(NEW)ARIA The BENEDIZIONE(1)
※11(NEW)MANKAI MOVIE「A3!」〜SPRING & SUMMER〜(1)

このニュースに関するつぶやき

  • 『殺(や)っちゃえ 皆さん』(原題『VENOM: LET THERE BE CARNAGE』)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定