志尊淳、劇場アニメ『バブル』主演 トップクリエイター集結に「高揚した」

1

2021年12月07日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アニメーション映画『バブル』2022年5月13日に全国公開、Netflix版として同年4月28日に世界配信 (C)2022「バブル」製作委員会
アニメーション映画『バブル』2022年5月13日に全国公開、Netflix版として同年4月28日に世界配信 (C)2022「バブル」製作委員会
 俳優の志尊淳が劇場オリジナルアニメ映画『バブル』で主人公・ヒビキを演じることが明らかになった。同映画は、国内外を問わず人気・実力ともにトップクラスのクリエイターが集結した超大型プロジェクト。2022年5月13日に全国公開、Netflix版として同年4月28日に世界配信されることが決定している。

【動画】劇場アニメ『バブル』特報映像

 2013年から放送がはじまり、その圧倒的なクオリティかつ、立体機動による躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』で監督を務めた荒木哲郎と、その『進撃の巨人』でアニメ史を塗り替える作画技術、卓越したアクションワークを見せつけ、業界のみならず世界に衝撃を与えたWIT STUDIOが再タッグ。

 脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』で社会現象を巻き起こした虚淵玄。キャラクターデザイン原案には「週刊少年ジャンプ」(集英社)誌上で描かれた人気作「DEATH NOTE」「バクマン。」の小畑健。音楽はアニメ映画『プロメア』や『機動戦士ガンダムNT』、そして、『進撃の巨人』も手がけたの澤野弘之。日本が世界に誇る最高峰のクリエイターが集結した。

 物語の舞台は、世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまう。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた…。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。2人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

 ヒビキの声を務める志尊は、今回、オファーを受けた時「アニメ界のとてつもなく素晴らしいクリエイターの皆様とのお仕事。こんな大役、自分に務まるのか」という気持ちでいっぱいになったそう。

 本作の世界観に触れて、「この作品の中で生きられることを想像する度、高揚した」という志尊は、「アフレコをしてみて、アニメーションがどのような工程を踏んで作られていくかを間近で見させていただき、その計り知れない労力にしっかりと色を加えられるよう、できる限りに演じました」と収録を振り返り、「これは本当にたくさんの方々に見ていただきたいです。こんな素晴らしい作品に携われたこと、幸せに思います」と語っている。

 アフレコを経て、荒木監督は「志尊淳さんとお仕事できたのは光栄でした! 穏やかな中に芝居への情熱と、高い技術が感じられました。繊細でちょっと近づきがたい主人公ヒビキを、見事に演じていただきました」と、手応え十分。

 共演は、『DEATH NOTE』夜神月役などの宮野真守、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役などの梶裕貴、『甲鉄城のカバネリ』生駒役などの畠中祐ら、これまでの荒木組の作品で主演を務めてき声優の出演が決定している。


動画を別画面で再生する



    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定