羽生結弦、地元で盛り上げる27歳の誕生日!自宅に届けられた“4回転半”の豪華ケーキ

1

2021年12月07日 11:00  週刊女性PRIME

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真羽生結弦
羽生結弦

「12月9日から大阪での開催が予定されていた『グランプリファイナル』が中止となりました。新型コロナウイルスの新たな変異株『オミクロン株』の影響で日本政府が外国人の新規入国を原則停止したことが原因です。男子シングルには、宇野昌磨(23)選手と鍵山優真(18)選手が出場予定でしたが、まずは12月22日から始まる『全日本選手権大会』に照準を合わせることになります」(スポーツ紙記者)

『全日本』は羽生結弦(27)の復帰戦にもなる予定だ。

羽生結弦の誕生日企画、今年も実施!

「11月27日に発表された『全日本』のエントリー選手に、羽生選手も名前を連ねていたのです。右足のケガでグランプリシリーズを欠場していましたから、今シーズン初戦に注目が集まっています」(同・スポーツ紙記者)

 ケガからの回復が待たれる中、羽生は12月7日に誕生日を迎え、27歳となった。地元・宮城県で発行されているタウン情報誌『せんだいタウン情報 S-style』では、羽生の誕生日を祝う企画が行われている。

誕生日の企画は、今回で2回目になります。昨年の企画で、お祝いや応援のメッセージをメールで募集したところ、日本だけでなく韓国や中国、アメリカなど国内外のファンから4000件近いメッセージを寄せていただきました。

 ファンの方を中心に盛り上げていただいた企画だったこともあり、地元から改めて、日ごろの活躍への感謝とお誕生日のお祝い、これからのシーズンへの応援を伝えたいということで、今年も実施することになりました」(『S-style』編集部担当者)

 企画では、お祝いや応援メッセージの募集だけでなく、スペシャルケーキの製作も。

 今年、ケーキを製作したのは、仙台市にある人気パティスリー『Patisserie TISSER』。スケートリンクをイメージしたというブルーの土台が印象的なケーキだが、いちばんのこだわりはチョコレートの細工だという。

「羽生選手をイメージしたときに、チョコレートの細工で4回転半を表現したいということが念頭にありました。ぜひ4回転半を達成してほしいという願いを込めています」(『Patisserie TISSER』担当者、以下同)

 この“4回転半ケーキ”は全国から予約が入っているというが、羽生のもとにも……。

先日、羽生選手のご自宅に、『S-style』さんを通じて、このケーキが届けられたそうです。まだ、そのときの反応は聞いていませんが、もしかしたら羽生選手も食べてくださっているかもしれません。このケーキが少しでも力になっていたらうれしいです

 現在は地元・仙台で練習をしている羽生。家族4人で、ひと足早い誕生日会が開かれたかも?

 では、羽生の27歳はどんな年になるのか。週刊女性は羽生に代わって、女性誌などに占いコンテンツを提供しているフォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんに占ってもらった。

羽生の27歳はどんな年に?

「生年月日を基にした“木、花、太陽、キャンドル、山、大地、鉄、ダイヤモンド、海、雨”という10の要素から導き出される私の占いでは、羽生選手は“キャンドル”です。まさに、ブームを起こす火付け役というタイプ。カリスマ性があり、注目される存在で、みんなをドキドキワクワクさせる“火を付ける男”なのです」

 そして27歳の1年は、羽生にとって特別だそう。

27歳は24年に1度の“大大大大大運命の年”なのです! ここから、羽生選手のステージが変わっていくという感じです。30歳を目の前にしてリセットし、新しいステージに行くことになります。これからの3年間は、自分の力を最後まで出し切り、考える時期です」(イヴルルドさん、以下同)

 羽生の前回の“運命期”は3〜5歳ごろだったという。

「羽生選手の場合、1回目の運命期にフィギュアスケートという、燃えるものに出会えたことはすごいこと。10代、20代前半を通して強くなって、最強の男としての姿を見せてくれるでしょう。彼の活躍が、世界を明るくしてくれます」

 現在、羽生は右足のケガを抱えているが、それすらも世界を明るくする源になる。

「キャンドルというタイプは、試練やプレッシャーがあるほうが燃え上がります。今はケガをしていますが“絶対に治して復活してやる!”という思いが見られるのが楽しみですね。そういう姿が人々に感動を与えるのです。

 キャンドルは、ろうを溶かしながら、つまり命を削りながら火をともしています。そういうストイックさに、私たちは感動を覚えて、その先の夢を見せてもらえるのです」

 気になる、恋愛や結婚については……!?

キャンドルは“いま自分が興味のあること”がすごく重要なタイプです。なので、目の前のものが終わらないと、新しく恋愛や結婚に目が向きません。情熱の人なので、例えば練習に情熱を注いでいたら、それに一直線。

 スケートよりも好きな人が出てこない限りは難しいでしょう。逆に、燃えたら強いので、好きとなったらそこからはものすごく早いかもしれません。それくらい情熱的な人です。スケートへの情熱がある限りは、恋愛や結婚はないのかなと思います

 結婚のニュースが飛び込んでくるのは、まだ先かも。

キャンドルのタイプは、凡人では経験しえないような、すごくドラマチックな人生を送る人が多いです。

 キャンドルの火は燃え移すこともできるので、日本だけでなく海外に広がっていくことができるし、だからこそ余計に、人は目が離せなくなります。本当に人を惹きつける魅力を持っている人なのです

 27歳の1年も羽生から目が離せないということ!

    ニュース設定