カモシカが訪れる秘境の酒 世界有数の豪雪地帯、魚沼の「つなん」

0

2021年12月07日 11:10  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真雪深い秘境の酒蔵・津南醸造の新銘柄「つなん」SNOW BREWED SAKE TSUNAN
雪深い秘境の酒蔵・津南醸造の新銘柄「つなん」SNOW BREWED SAKE TSUNAN

 ウィスキーでもワインでも、お酒を造る土地の自然を知るのは、味わいを深める一つの楽しみ方。毎年3〜4mの雪が積もる世界有数の豪雪地帯、新潟県魚沼郡津南町で、米と水と蔵人すべてが津南産のテロワール日本酒、「つなん」(津南醸造・新潟県津南町)が12月8日に発売される。

 津南町は、長野県との県境に位置する人口9千人ほどの小さな町。信濃川沿いにあり、その支流によって階段状に作られた日本最大の河岸段丘が特徴で、水と土の恵みを受けやすい地形だ。その山間部に位置する津南醸造は、地元の酒米「五百万石」にこだわり、仕込み水は標高2000メートル級の山々に降り積もった雪が水源。

 新銘柄「つなん」は、人だけでなく、森や動物たちと共存することを目的とした銘柄で、ラベルには酒蔵を時々訪れるというニホンカモシカが描かれている。色の名前によって酒質が分けられており、発売初回のラインアップは白(純米大吟醸、税込み4,950円)、紅(純米吟醸、同1,760円)、藍(吟醸酒、同1,540円)、黄金(純米酒、同1,320円)の4種類。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定