NEC、D-Waveのクラウドサービス販売 Webブラウザで量子コンピュータ活用、日本語サポートも

2

2021年12月07日 13:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 NECは12月7日、量子コンピュータを製造するD-Wave Systems(カナダ)のクラウドサービス「Leap Quantum Cloud Service」(Leap)をグローバルで販売すると発表した。ユーザーはWebブラウザ経由で量子コンピュータの計算リソースを利用できる。日本向けには日本語による顧客サポートも提供する。



【その他の画像】



 量子アニーリングとシミュレーテッドアニーリングを提供する。すぐにコーディングを始められるよう、開発キット「Ocean SDK」をあらかじめセットアップする他、250以上のサンプルアプリケーションを用意する。



 法人向けサービスとしては、Leapの利用に際したトレーニング、Leapを活用した技術検証やプロトタイプ開発などのサポートなどを提供する。



 NECとD-Wave Systemsは2020年6月に協業を開始し、サービスの開発を進めてきた。今後はより大規模な組み合わせ最適化問題を高速に処理するため、NECの「SX-Aurora TSUBASA」を活用したベクトルアニーリングマシンとLeapを組み合わせたサービスの提供を目指す。


このニュースに関するつぶやき

  • こういうのって、提供元がデータ蓄積出来て一番おいしいんじゃないの?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定