「給湯器の故障に注意」 ノーリツ、コロナ禍でパーツ供給に滞り 壊れてすぐの交換は困難

0

2021年12月07日 14:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真ノーリツのIR資料
ノーリツのIR資料

 給湯器メーカーのノーリツは12月7日、コロナ禍の影響で電子部品などの生産が滞り、給湯器の供給に遅れが出ているとして、故障や破損に気を付けるよう注意喚起した。



【その他の画像】



 気温や水温が下がる冬期、給湯器は寒波による配管の凍結や、積雪による排気口閉塞など、夏期と比較して故障リスクが約3割増加する。一方で、新型コロナウイルス感染症の流行で、電子部品などの生産に支障が生じているため、希望の納期までに給湯器を納品できない状況が続いているという。



 ノーリツは故障や破損のリスクを下げる方法として「給湯栓から少量の水を出しっぱなしにする」「給湯機器の電源プラグを抜かない」「給湯器に降り積もった雪を取り除く」「配管が凍結した場合は自然解凍を待つ」などを公式Webサイトで紹介している。


    ニュース設定