『浮気したら死ぬ』キム・ヨンデ「たくさん愛してください」インタビュー到着

10

2021年12月07日 15:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『浮気したら死ぬ』に出演するキム・ヨンデ 写真提供:outerkorea
『浮気したら死ぬ』に出演するキム・ヨンデ 写真提供:outerkorea
 俳優のチョ・ヨジョン、コ・ジュン、キム・ヨンデらが出演する韓国ドラマ『浮気したら死ぬ』。DVDリリースを記念して、時にはコンビニアルバイト店員、時にはチョ・ヨジョンの助手、かくして実態は国家情報院のエリート要員という難しい役柄を完璧に演じた、キム・ヨンデのインタビューが到着した。

【写真】スーツ姿で…国家情報院のエリートを演じたキム・ヨンデ

――台本を最初に読んだときはどんな印象を抱きましたか?

 初めてシナリオを見た時、チャ・スホというキャラクターの魅力をはっきりと感じました。キャラクターのアイデンティティもはっきりしているし、カン・ヨジュとの関係性も興味深く、見る人の関心を呼ぶだろうと思いました。

――演じられたキャラクター、チャ・スホの魅力は?

 国家情報院所属の情報部員、作家のアシスタントとして潜入し、彼女を見守り保護する任務など…魅力的なキャラクターです。

――特殊部隊出身の国家情報院要員というスホを演じる上で、演技をする際にどんな点に気をつかいましたか。

 (国家情報院の)ベテラン情報部員という設定なので、与えられた任務に対し言動に気をつけながらも、落ち着いた余裕のある姿を見せる必要もあり、とても気を使いました。身体的にも特殊部隊出身ということを表現するため、一所懸命トレーニングもしました。また、アクションを披露しなければいけない場面もあり、準備には多くの時間をかけました。

――本作で、2020年KBS演技大賞新人賞を受賞されました。感想をお聞かせください。

 これまでの人生で最大の出来事といってもいい瞬間で、とても感謝しています。まだまだ未熟だからもっと頑張れという意味で与えられた賞だと思い、これからも最善を尽くすつもりです。

――チョ・ヨジョンさんの印象、共演の感想についてお聞かせください。

 とてもいい方でした。いつも気遣いいただき、リラックスした楽しい撮影現場の雰囲気を作ってくださいました。演技の部分でもいつもリードしてくれて、助言もたくさんいただきました。もし僕の演技が成長したとしたら、それはすべてチョ・ヨジョンさんのおかげだと思います。

――第1回からスホがヨジュを抱きかかえて逃げるシーンがありました。撮影時のエピソードをお聞かせください。

 映画『ボディーガード』の名場面が思い浮かぶと言って、監督が喜んでいました。実際は、ヨジョンさんがとても軽くて、全然苦労はしませんでした。

――スホは、ヨジュに対して特別な感情を抱いているような描写もありました。スホの気持ちをどのように解釈して演じましたか?

 スホはヨジュに対して、憐憫(れんびん)と同情から始まった感情が少しずつ発展していったのでしょう。ヨジュに異性を感じた部分もあったのではないかと思います。

――コ・ジュンさん、ヨヌさんとの印象、共演の感想についてもお聞かせください。

 コ・ジュンさんも、僕がリラックスして演技できるように配慮してくださって、アドバイスもたくさんいただきました。ヨヌさんとは実は…同じ場面での出演シーンが一度もないんです。

――撮影現場で苦労した、印象的だったエピソードがありましたらお聞かせください。

 撮影現場で大変だと思ったことも、今になって振り返ってみると、実は大したことではなかったという気がします。楽しい撮影現場だったし、すべてのスタッフ、キャストのみなさんに感謝しています。いい方々と一緒に仕事ができて、良い関係を築けたのが本当にありがたいですね。印象に残っているのは、物語序盤で初めてのアクションシーンがあり、ワンテイクでミスなく撮影できて拍手をもらったことです。

――謎が謎を呼ぶストーリー展開が話題になりましたが、結末はご存知でしたか?

 僕も結末は最後まで知らなかったんです。

――本作だからこそ表現できたもの、成長を感じた部分は?

 コミック・ミステリー・スリラーというなかなか出会えないジャンルのドラマで後悔のない挑戦ができました。演技の呼吸という点でも大きく成長できたと思いますし、もう一度自分自身を省みる貴重な機会となりました。

――スホはクールなキャラクターでしたが、実際のキム・ヨンデさんはどんな性格ですか?

 スホと似た部分があると思います。クールなところ、自分がやっている分野以外に関心がないところも、似ているかもしれません。

――2017年にデビュー後、『アイテム』『天気がよければ会いにゆきます』『ペントハウス』など、数々の話題作に出演していらっしゃいますが、演技の道を目指したきっかけは? また、今後どんな俳優になりたいですか?

 人に勧められて演技の道に入ったのですが、次第に欲が出てきて、これからも成長し続けたいと思うようになりました。今のところ大きな目標はありません。ただ一作品一作品に誠実に臨みながら、地道に成長していきたいです。視聴者の方から、「あの子、いいね。頑張ってるね」という言葉を聞くことができたらいいですね。

――オフの時間はどのように過ごしていますか? 趣味やストレス解消法などはありますか?

 家で映画を見て、おいしいものを食べることかな。それほどスケジュールが忙しくない時は、余裕を持って過ごそうと思っています。

――日本の視聴者へのメッセージをお願いします。

 『浮気したら死ぬ』をたくさん愛してください。どんでん返しを連続で、息もつかせぬ展開をお見せするコミック・ミステリー・ドラマです。ぜひご覧ください。ありがとうございました。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 半島芸人などどうでも良い
    • イイネ!9
    • コメント 0件
  • ������(^q^)������捏造僞朝鮮流ニダ
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定