MicrosoftがSurface Laptop Goの更新プログラムを公開、Windows 11環境でバッテリー駆動時間が改善

0

2021年12月07日 15:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真MicrosoftのノートPC「Surface Laptop Go」
MicrosoftのノートPC「Surface Laptop Go」

 米Microsoftは12月3日(現地時間)、ノートPC「Surface Laptop Go」の更新プログラムを公開した。この更新をインストールするにはWindows 10の「バージョン2004(20H1)」以上である必要がある。



【その他の画像】



 今回の更新では、プロセッサ統合GPU「Intel UHD Graphics」と、「Surface System Management」のデバイスドライバーが新しくなった。これにより、動作がより安定し、Windows 11環境ではバッテリー駆動時間も延びるという。



 更新プログラムは、Windows Updateを実行することでダウンロードとインストールが行える。ただし、全世界にある全てのSurface Laptop Goに向けて一斉に更新プログラムを公開しているわけではないので、まだダウンロードできない場合もある。そのような場合でも、MicrosoftのWebサイトから更新プログラムをダウンロードすることは可能だ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定