マイファス・Hiro、キアヌ・リーブスにギャップ萌え「より好きになりました」

0

2021年12月07日 15:12  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真キアヌ・リーブスにギャップ萌えしたことを明かしたMY FIRST STORY・Hiro (C)ORICON NewS inc.
キアヌ・リーブスにギャップ萌えしたことを明かしたMY FIRST STORY・Hiro (C)ORICON NewS inc.
 ロックバンド・MY FIRST STORYのボーカル・Hiroが7日、都内で開催された【マットリクスデイ】イベントに登壇した。米ロサンゼルスにいるキアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスと中継を結び、2人に“初対面”したHiroは「映画を観てきた僕からすると、キャラクターとのギャップがあって、人間味にあふれていて、より好きになりました」と、終始ご機嫌で陽気なキアヌと、自然体のキャリー=アンに魅了されていた。

【動画】流ちょうな英語でキアヌ・リーブスと会話する柴咲コウ

 キアヌ・リーブスが主演する人気アクション映画『マトリックス』の新章『マトリックス レザレクションズ』が、今月17日に全米に先駆けて日本で公開される。今回、日本版インスパイアソングとして新曲「PARADOX」を書き下ろしたHiroは、「青春時代の思い出の1ページとして残っている作品の新作に携わることができてとても光栄でした。『マトリックス』の世界観と僕たち音楽をいい形で融合させることができたと思う」と、アピールした。

 楽曲「PARADOX」は、『マトリックス』の世界観をイメージして制作されたアップテンポでパワフルな楽曲。『マトリックス』シリーズのキャラクターや物語を意識した楽曲制作を通して、マイファスの新たな一面を感じさせる楽曲となっている。

 Hiroは「1994年生まれなので1作目が公開された当時は5歳くらい。劇場に見に行ったわけではないのですが、その後、続編があって、弾丸をのけぞって避けるシーンを同級生たちと再現していた思い出がすごくある。当時はアクション映画としての印象が濃かったのですが、改めて見直したら、人間ドラマが詰まった、メッセージ性のある映画だと気づきました」と、『マトリックス』シリーズの魅力を語りながら、新作への期待を高めていた。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定