チェルシー、コヴァチッチがコロナ陽性…ジョルジーニョも負傷でゼニト戦欠場

0

2021年12月07日 23:36  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真コヴァチッチ(左)とジョルジーニョ(右) [写真]=Getty Images
コヴァチッチ(左)とジョルジーニョ(右) [写真]=Getty Images
 チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督が、負傷者の状況について語った。7日、クラブ公式サイトが伝えている。

 チェルシーは8日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第6節でゼニトと対戦する。ロシア遠征の前に前日会見を開いたトゥヘル監督は、負傷者リストにイタリア代表MFジョルジーニョが加わったことを明らかに。また、ハムストリングの負傷から復帰間近だったクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチについては、新型コロナウイルス陽性と判定されたことを明かした。

「私たちは、明日の試合で数選手を欠くことになる。ベン・チルウェル、エンゴロ(・カンテ)、トレヴォ・チャロバー、マテオ・コヴァチッチ、そしてジョルジーニョがいない」

「マテオは昨日、満面の笑みでトレーニングに参加していた。彼は戻ってきたことを純粋に喜んでいた。残念ながら、彼は今日、コロナウイルスに陽性反応を示し、現在は隔離している」

「ジョルジーニョは背中の痛みで離脱しており、(4日のプレミアリーグ第15節)ウェストハム戦ではその痛みを我慢してプレーしていた。彼は昨季CLの決勝、EURO2020を戦い、そのままUEFAスーパーカップにも出場した。負荷がかかりすぎて、少し苦しむ段階があることは予想していた」

 また、トゥヘル監督はゼニト戦のメンバー選考にも言及。「遠征前の最後のトレーニングを終えたばかりなので、(メンバーについて)まだすべての決定を下したわけではない。それでも、土曜日のリーズ戦(11日のプレミアリーグ第16節)のことも考えなければならないから、いくつか変更があるかもしれない」と語り、すでにグループ突破を決めているCLでターンオーバーを行う可能性を示唆した。
    ニュース設定