尾上松也、65年越し親子二代で少年剣士・赤胴鈴之助役に「感無量です!! 」 主題歌で歌手デビューも

84

2021年12月08日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真親子二代で赤胴鈴之助を演じる尾上松也(C)ドラマ「まったり!赤胴鈴之助」製作委員会
親子二代で赤胴鈴之助を演じる尾上松也(C)ドラマ「まったり!赤胴鈴之助」製作委員会
 歌舞伎俳優・尾上松也が、テレビ大阪で来年1月8日スタートする連続ドラマ『赤胴鈴之助』(毎週土曜 深0:56 ※初回は深1:51開始)に主演することが7日、発表された。65年前に父・尾上松助さんが演じた少年剣士・赤胴鈴之助の“その後”を、息子の松也が演じることが決まった。

【写真】ビールうめー! 現代にタイムスリップした尾上松也演じる赤胴鈴之助

 松也は「『赤胴鈴之助』は亡父が子役時代に生放送のドラマで演じたお役で、いつか自分がこの作品を受け継ぎたいと思っていました」と明かし、念願がかなって「感無量です!!」と喜んでいる。

 『赤胴鈴ノ助』は、故・武内つなよしさんが描き、半世紀以上前に子どもたちから絶大な人気を誇った少年剣士漫画。過去に何度もドラマや映画となり、松也の父・松助さんは子役時代の1957年から59年にかけて放送されたドラマ版で鈴之助を演じた。

 今回、テレビ大阪の土曜深夜「真夜中ドラマ枠」の最新作として、鈴之助が完全オリジナルストーリーで復活する。江戸時代から令和にタイムスリップした鈴之助(松也)が、現代社会でまったり過ごす日常をコメディータッチで描く。

 鈴之助はタイムスリップした現代でも悪の組織・鬼面党の面々をなぎ倒していくが、それほど強くなく平和で…というストーリー。親子二代で鈴之助を演じる松也が、今作ではコミカルに顔芸やモノマネ、アドリブなどを披露する。

 さらに、松也が主題歌「RED」を歌い、アーティストデビューを果たす。劇中のコミカルな役柄から一転、ロックな歌声を披露する。さらに、aimiが歌うエンディングテーマ「がんばれ!赤胴鈴之助」は往年のアニメ主題歌のカバーになる。

 BSテレ東でも毎週土曜深夜0時に放送され、NTTぷらら「ひかりTV」では1週間先行配信される。各話30分、全12話。

■尾上松也 コメント
「赤胴鈴之助」は亡父が子役時代に生放送のドラマで演じたお役で、いつか自分がこの作品を受け継ぎたいと思っていました。その「赤胴鈴之助」が、素晴らしいクルーのもと、今回ドラマとなり感無量です!! 肩の力を入れず、お家でまったりと楽しんでいただけたらうれしいです!

■『赤胴鈴之助』あらすじ
父の形見の赤い胴を着けた少年剣士・赤胴鈴之助。このドラマは、今や少年と呼ぶには大分、苦しくなった鈴之助が、江戸の道場を飛び出し、令和の世界でまったりする物語。鈴之助は、江戸からタイムスリップした令和でも、銀髪鬼率いる鬼面党をなぎ倒していく。しかし、現代の“悪”は思っていた以上の悪ではなく、平和そのものだった。果たして、鈴之助はどうやって令和の時代を生き抜いていくのか…。

このニュースに関するつぶやき

  • ガンバーレ!つーおいゾ!ボークらのナマーカ!
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 『その後』をドラマ化する以前に『その前』を覚えてる視聴者はかなり少ないと思うのですが�����ڥ��������������ӻ�������
    • イイネ!18
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(49件)

ニュース設定