『恋です!』第9話 ユキコと森生の前に現れた“別々の道” 決断を迫られた2人の選択とは

0

2021年12月08日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』第9話より (C)日本テレビ
ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』第9話より (C)日本テレビ
 女優の杉咲花と俳優の杉野遥亮が出演するドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜8日に放送される。

【写真】ユキコ(杉咲花)と森生(杉野遥亮)の前に現れた“別々の道” 決断を迫られた2人の選択とは 『恋です!』第9話より

 漫画家・うおやまが描く『ヤンキー君と白杖ガール』をドラマ化する本作は、運命の出会いをした2人がお互いのことを理解してひかれ合っていく、笑って泣けて、時々ハッとするラブコメディー。勝ち気だけど恋には臆病な盲学校の女の子・赤座ユキコ役を杉咲が、ケンカ上等だが根は純粋なヤンキー・黒川森生役を杉野が、それぞれ演じる。

■第9話あらすじ

 森生(杉野)から、白杖を持った若者が駅のホームから転落した、という連絡を受けたユキコ(杉咲)と空(田辺桃子)。ホームドアのない駅のホームは、視覚障害者にとっては“欄干のない橋”と同じ。その日、体験学習に向かうために駅にいた青野(細田佳央太)の身を心配したユキコたちは、慌てて病院に駆けつける。しかし、病院でベッドに寝かされていたのは青野ではなく、なぜか森生だった。

 翌日。ユキコは退院する森生に付き添うため、お弁当を用意して森生の元へ。娘が初めて彼氏の家に上がることに神経をとがらせる誠二(岸谷五朗)の一方、イズミ(奈緒)は妹の恋を応援する。しかし、松葉杖をついた森生と白杖をついたユキコは、いつものように歩調を合わせることができない。さらに、散らかった森生の部屋で、ケガをした森生の力になれないことに、ユキコは人知れず自信をなくしてしまう。

 1週間後。ユキコの元に、就職支援をしていた緋山(小関裕太)から連絡が入る。それは、希望していた飲食関係の会社がユキコに興味を示しているという連絡だった。その日、森生の快気祝いに茜(ファーストサマーウイカ)の店でサプライズを準備していたユキコは、うれしい気持ちで森生を待つが…。

 そんな中、森生には、獅子王(鈴木伸之)を通じて正社員になるチャンスが訪れる。しかし、赴任先はなんと鹿児島だと告げられる。

 ユキコと森生、2人の前に現れた別々の道。森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、ユキコの人生をサポートする緋山の存在を前に自信をなくす森生。決断を迫られた2人が選ぶ道とは。

 ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』は日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。
    ニュース設定