冬になると憂鬱な子どもの洋服さがし。悩むママに寄せられたアドバイスとは?

1

2021年12月08日 10:21  ママスタジアム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

真冬を迎える時期にさしかかると、気温はどんどんと下がっていきます。そうなると悩むのが子どもの洋服。子どもは大人よりも活発に動くことが多いため、できるなら体温調節がうまくできる素材を選びたいもの。しかしお店へ行ったとしても、なかなか希望の洋服が見つからないこともあるのではないでしょうか? 今回ママスタコミュニティに投稿をくれたママも、「冬の子どもの洋服選び」について困っているようです。
『寒くなってくると、お店では裏起毛の服が多くならない? 子どもは体温が高いし、ずっと外にいることもないから、裏起毛でなくても良い気がするけれど。裏起毛は痒いし暑いと言われたことあって買わないようにしているから、この季節の服選びに悩む』
裏地がふんわりとして、あたたかい素材になっている裏起毛。寒い時期にもってこいなのですが、子どもにとっては暑すぎたり、痒さを感じたりすることもあるようですね。そのため投稿者さんは裏起毛でない洋服を探しているようですが、寒くなればなるほどなかなか見つからないとのこと。しかしこのように悩んでいるママは、思いのほか多くいるようです。

裏起毛でないものって難しいよね……ママたちからは共感の声も

『わかる。小学生の息子も嫌がる。裏起毛ではないトレーナーは少ないよね』
『うちは乾燥肌で化繊の裏起毛はかゆくなってしまうから着たがらない。裏起毛ではない服を探すのは大変なんだよね』
投稿者さんの悩みに対し、ママたちからは多くの共感の声が寄せられました。
『起毛のトレーナーは、洗うと起毛が毛玉のようになって他の服について困っている』
『裏起毛の服は、毛玉ができやすいから嫌だ』
また、投稿者さんのお子さんの言う「痒いし暑い」以外にも、ママたちからは「毛玉ができやすい」という悩みもありました。
『あるある! 着心地の良い綿服のローテーションが激しくなる』
肌ざわりや汗の吸収率を考えると、綿素材の洋服が活躍しやすいのかもしれませんね。投稿者さんと同じく裏起毛でない洋服探しに悩むママたちからは、困らないためにこのようなアドバイスが寄せられました。

裏起毛に悩まなくてすむよう、こうしておくといいよ!



春や秋のうちに買っておこう

『9月終わりには裏起毛ではないトレーナーやパーカーが売っているよ』
『うちの子も暑いと言うし汗もかく。冬になる前にお店に行くと裏起毛ではない服があるから、早めに買っていたよ』
『秋冬物は裏起毛が多いから、春物で買うようにしている』
たしかに本格的な冬になる前ならば、裏起毛でない洋服が多く店頭に並んでいるので、悩まず買うことができそうですね。また、冬を越し、春のうちに買っておくママもいるとのこと。すでに冬となり悩んでいるようであれば、春になってから少しサイズの大きめのものを買っておくと、来年の秋冬は困らなくてすむのかもしれませんね。

ネット通販や古着を利用するのも手


ネット通販にはたくさんのお店が出店していることもあって、希望の洋服が見つかることが多いのかもしれません。かえって商品数が多すぎて、探すに大変なところもあるでしょうけれど、確実な手段になってくるのではないでしょうか? また、送料が気になる場合には、リサイクルショップなどをのぞいてみるのも良いでしょう。中古品になる場合が大半ですが、お手頃価格の洋服が見つかりそうです。このように探す範囲を広げてみることで、思わぬお宝に出会えることもあるのかもしれません。

もし見つけたら、まとめ買いしておくのもよし!



また、もし見つけた場合のメッセージも寄せられています。
『うちの息子たちも裏起毛が苦手だから、サラサラした素材の普通のパーカーやトレーナーを見つけたら同じ色でも予備を買っている』
数着まとめて買っておくと、子どもが毎日着たり、悪天候で洗濯物が乾かなかったりする場合にも困らずにすみそうです。色違いでも良いですし、場合によっては同じ服でもOK。秋から冬と長い期間必要になることを見越し多めに購入しておけば、「破れて予備がない」なんて困ることもなくせそうですね。

今ある裏起毛でないものと上着を使い、上手に着回しを楽しんでみては?

『裏起毛は1回も買ったことがないわ。秋物や春物を着て、体温調節は上着でしている』
『裏起毛はほとんど買わない。ベストやカーディガンで温度調節をしている。よく動くから暑くなったらすぐ脱げるように』
今回は投稿者さんからの相談により、子どもの冬服選びに悩むママがたくさんいて、みなさん工夫しながら頑張っていることがわかりました。薄手の春物・秋物のあるうちに買っておいたり、ネット通販やリサイクルショップなどで探したり、秋冬を乗り越える手段にもさまざまなものがあるようです。

しかしこれから寒くなる季節には、子どもが体温調節をしやすい薄手の洋服は、上着と合わせて着ることのほうが多くなってきます。そうなるとベストやカーディガン、厚手のコートやダウンなど、組み合わせる楽しさがでてくるのではないでしょうか? 裏起毛でないものが少ないのは悩ましいことですが、脱ぎ着のしやすさ・デザイン・暖かさなどにこだわって着回しを考えていくのも、もしかしたら冬の洋服選びの醍醐味になってくるのかもしれませんよ。

文・こもも 編集・古川純奈 イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定