香取慎吾、覚悟ゆえに「全く抵抗なかった」“丸刈り”山本五十六役

94

2021年12月08日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真太平洋戦争80年・NHK総合の特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』に主演する香取慎吾(C)NHK
太平洋戦争80年・NHK総合の特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』に主演する香取慎吾(C)NHK
 俳優の香取慎吾(44)が山本五十六役で主演を務める太平洋戦争80年・NHK総合の特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』が、12月30日午後10時から放送される。このほど取材会が行われ、役のため丸刈りになった香取が、作品そして山本五十六という人物への思いを語った。

【写真】“丸刈り”が少し伸びて…インタビューに応じた香取慎吾

 冒頭、香取は「この役のために髪を丸刈りにさせていただいたのですが、少し伸びてきたので、きょうは少し(髪に)ジェルを付けてみました」と冗談めかしてあいさつ。人生2度目の丸刈りだというが、「ここまでの短さにしたのがとても気持ちよく、このスタイルが好きになってしまって。この後、僕は髪を伸ばしていくんだと思いますが、それは僕の仕事のために伸ばします。本当だったら一生このままでいいくらい気に入っていて、スッキリしています!」とすがすがしい表情で、丸めた頭をなでた。

 丸刈りへの抵抗は「全くなかった」と言い切る。「見た目や表面的なものだけではないんですけど、丸刈りにするくらいの(気持ちの)役というのを今までやったことがなかった。僕はお芝居に対して難しいなとか、緊張してしまう思いがずっとあり、あまりこんなふうに思ったことはなかったのですが、今は自分がレギュラー番組を何本も抱えていたりということもなく、時間にも少し余裕がある。そんななかでお芝居をするなら、そういう役をやってみたいと話していたとき、このお話を頂いたんです。だから、今の自分が思い描いてた役の“トップオブトップ”というか。その偶然にビックリして、ぜひやらせてくださいと言いました」と、“演じること”への覚悟をはかる作品と出会えた。

 軍人・山本五十六といえば、過去に三船敏郎や役所広司など多くの名優が演じてきた人物。さらにNHKのドラマに出演するのは大河ドラマ『新選組!』以来17年ぶり。自ずと「大きなプレッシャーを感じた」と話す香取だが、それだけに支えてくれたスタッフへ何度も感謝を口にする。「みなさんのプロフェッショナルぶりにビックリした。セットも衣装も他では体験できないような重厚さで、その場に足を踏み入れるだけで、役・場所に僕を連れて行ってくれるような、そんな現場でした」と充実を噛み締めた。

 軍国主義だった戦前の日本で、常に国家の行く末を選択し続けなければならない五十六。「シーン一つ一つに『いいえ』(と言える選択肢)がなく、常に『はい』しかない。『いや〜。それはどうなんですか?』みたいな素振りすらないんです。あるとしたら心の奥底で思うだけで、表情には微塵も出せないというのが、お芝居とはいえ胸が締め付けられるシーンがいっぱいあった」と香取。

 さらに“人間味”をどう表現するか、そのさじ加減にも悩んだ。「子どもとのシーンはもっと深く人間味をだそうかとも考えましたが、そこまではしなかったです。どんなときでも背筋を伸ばす感じはほぐれない。まさに、その“時代”がのしかかってくる感じで、もっとほぐれた、ゆるんだ愛情表現があっていいんじゃないかと思っても、それを引き止める自分がいた」とし、「五十六はすごい真っ直ぐで芯がぶれない分、苦しさもある。ときには周りを和ませるような言葉もあるけど、それすらも先の先を考えての発言だから、自分のなかではホッとできるものがない役でした」と苦労をにじませた。

 役柄的にカメラの回っていないときもリラックスすることが難しかったそうだが、そんななか、堀悌吉(五十六とは海軍兵学校の同期であり、親友。軍備拡大を求める風潮が強まる海軍にあって、五十六に「戦争を避けることの重要性」を説き続ける)役の片岡愛之助とは束の間、心を通わせることができたという。

 「セリフの内容的に重い部分も多いので、合間に(愛之助と)会話できることは少なかったんですけど、堀とのシーンは(五十六にとって)一番の素な時間というか、家族といる時間より堀といる時間が、素に近い本当の自分だった気がします。ふと、ほどける瞬間を生んでくれる親友というか。合間で愛之助さんが自分の飼ってる猫の話をして、緊迫した時間から、一瞬だけゆったりした時間を過ごせました」と、振り返っていた。

■『倫敦ノ山本五十六』あらすじ
日本はなぜ、あれほど凄惨な戦争へと突き進んだのか―。
開戦前の昭和9年、ひとりの海軍将校がロンドンに降り立った。その男は、のちに真珠湾攻撃作戦を指揮することになる提督・山本五十六。国家の命運を背負い、アメリカをはじめとする列強との軍縮交渉に臨もうとしていた。
「交渉が決裂すれば、日本は国際社会でさらに孤立する」。アメリカの絶大な国力を知り、戦争は避けるべきだと考える五十六は、ぎりぎりまで決裂回避への道を探り続ける。しかし、軍備拡大を目指す本国の海軍首脳部から「結論ありき」の交渉を命じられて…。
優先するべきは、国民の命か、国家の誇りか。
組織の中で板挟みになり苦悩の末に、五十六が下した「ある決断」とは?

■演出・大原拓氏のことば

「過去を描くのではなく、未来を描きたい」
山本五十六という軍人を描くドラマではなく、山本五十六(過去)を通して、現代や未来を考えられるドラマであるという観点を大事に作っていきました。私にとって分かりやすい未来とは、子供であり、その笑顔です。自然な何気ない笑顔がある未来を紡いでいくのは、大人の責任でもあるとよく考えます。今回明らかになった文書に記された山本五十六の姿から個人的に感じたことは、未来と向き合った人ということでした。これをヒントに 、ドラマの演出ベースが出来上がりました。

「スーツを着た山本五十六」
軍服ではなくスーツ姿で、武器を持たない戦争に臨む山本五十六。山本五十六モノとしては、とても珍しく新鮮な姿です。勿論、史実を反映した結果なのですが。そんな山本五十六を、香取さんは、淡々と思慮深く演じてます。そして、とてもストイックに抑制を効かせた感情や佇まいは、新たな五十六像を作り上げると共にこの時代の緊張感や不穏な空気を生み出しています。特に見所は、五十六と堀(片岡愛之助さん)とのラスト。二人の醸し出す空気感は、本当に素敵で、演出できて良かったというシーンでした。そして出演者の息を飲む芝居の連続、これまでにない五十六と香取さんの姿、是非お楽しみください。
「山本五十六は何を思い、ロンドンに向かい、そして離れたのか」

このニュースに関するつぶやき

  • 抵抗うんたらかんたら言う年齢じゃないし、かといって役者でもない。もっと違うこと、、書けないか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 丸刈りにしても、慎吾ちゃんが山本五十六閣下の役には似合わんよね。チャラ過ぎるイメージが強過ぎるもの(笑) まぁ、ドラマではどんな風に役をこなしているのかが見ものだけどね。
    • イイネ!45
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(66件)

ニュース設定