【LINE NEWS AWARDS】Awesome City Club、映画『花束みたいな恋をした』との出会いに感謝 来年も「花を咲かせる」

1

2021年12月08日 16:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2021』の「アーティスト部門」賞を受賞したAwesome City Club(C)ORICON NewS inc.
『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2021』の「アーティスト部門」賞を受賞したAwesome City Club(C)ORICON NewS inc.
 アーティストのAwesome City Clubが2021年を彩った“話題の人”に贈られる『LINE NEWS AWARDS 2021』の「アーティスト部門」を受賞。8日、都内で行われた授賞式に出席した。

【動画】お腹チラ見せミニスカート姿で登場したAwesome City Club・PORIN

 菅田将暉&有村架純のW主演映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソング「勿忘」がストリーミング再生数で2億回を超える大ヒット。7月期の中島健人(Sexy Zone)&小芝風花のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』でオープニング曲を担当したほか、タイの国民的スターSTAMPとコラボするなど国境を超え活躍している。

 トロフィーを受け取ったatagiは「フラッシュがスゴかったですね…。今、こうやって登壇させていただいたことで、スゴい賞をいただいたんだなと実感がわいてきました。ありがとうございます」と驚く。PORINも「ノミネートされているアーティストの皆さん、カッコよくて私も個人的に大好きなアーティストさんばかり。その中で選出していただいて、光栄に思っています」と感謝し、モリシーは「人生で賞を取りなれていない。リアクションできているか心配なんですけど(笑)。スゴくうれしいです」とはにかんでいた。

 また、来年の抱負となる漢字を問われたPORINは「花」とする。「2021年は映画『花束みたいな恋をした』と出会えて、『勿忘』という楽曲ができた。まさに、花を咲かせられたような1年になった」と今年を振り返ると「来年は、また新しいキレイな花を咲かせられたらと思って」と込めた意味を説明。atagiは「いいと思います」と同調し、モリシーは「こうやって、今年はスゴくいろんなことが起きて確かに花が咲いた1年だった。これを糧に次、新しい花が咲くんじゃないかと予感している。まさしく、この言葉だなと思っています。僕らも頑張りがいがある」とPORINの思いに賛同した。

 LINE NEWSにおける記事掲出数、前年との注目度の変化・PV数などを基に、LINE NEWSが独自に選出した「アイドル部門」「アスリート部」「アーティスト部」「クリエイター部門」「タレント部門」「俳優部門」「文化人部門」の7部門35組がミネートされ、各部1組の受賞者を発表した。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • またLINEかよ。バーカ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定