セガサミー、9回二死から同点に追いつくも…西田監督「選手たちには申し訳ない」

1

2021年12月08日 18:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

<第92回都市対抗野球 準決勝>
● セガサミー(東京都) 1 ー 2 Honda熊本(大津町) ○

 セガサミーは、Honda熊本に1−2のサヨナラ負けで、初の決勝進出とはならなかった。

 先発した草海は、5回にセンターのファンブルから、Honda熊本の9番・中島のセカンドゴロの間に1点を失う。草海は「センター前に打たれたところをセンターがファンブルして、二塁に進まれてしまい、内野ゴロで1点。自分では何もできなかった。三振を狙ったが、内野ゴロになってしまった」と反省。それでも、8回を3安打、8奪三振、1四球、1失点と先発の役割を果たす。

 打線は8回までHonda熊本の先発・片山の前に、走者を出しながらも、あと一本が出ず無得点。9回も簡単に2アウトとなり、もうあとがない状況となったが、準々決勝で満塁本塁打を放った中川智裕がレフトスタンドに値千金の同点本塁打を放つ。

 しかし、その裏、2番手・陶久が先頭の4番・古寺にバックスクリーンに一発を食らいサヨナラ負け。セガサミーは2年連続準決勝で敗退となり、初の決勝進出とはならなかった。

 西田真二監督は試合後、「去年は、準決勝でHondaに負け、今年はHonda熊本に負けてしまった。2年連続準決勝で悔しいのは、選手たちが1番わかっている。陶久にも、去年と同じことをしてしまって本当に申し訳ない。本当にいいかんじで3回戦までいっていたのに、選手たちには申し訳ない。誠に申し訳ございませんでした、その一言です」と悔しさをにじませた。

 さらに西田監督は、「中川も野球は2アウトからだとみせてくれたが、早い回にもうすこしつかまえられなかったのが悔やまれる。野球は一球で勝負が決まるんだなと改めて感じた。ヒット数は出ていたが、序盤で点がとれなかったのが残念。日頃は抑えのピッチャーのHonda熊本の先発・片山雄貴投手がフォーク・スライダーを駆使しながら気持ちでよく投げていた。黒ではなく、また赤い旗をいただいてしまいました」と悔やんだ。

◆ 先発・草海は8回1失点

 セガサミーは敗れたが、先発の草海は8回3安打1失点と好投。

 西田監督は「草海は粘強く投げてくれた、本当によく投げてくれて、よくやってくれた。立ち上がりもしっかり修正して、自分のリズムを作れるようになった。フィールディングも素晴らしいものをもっている。チームのエースということは確か。勝たせてあげたかった」とエースを褒め称えた。

 草海は「悔しいの一言」と話しながらも、「最少失点で8回までいけたのでよかった」と自身の投球を評価した。また、今大会について「チーム一丸となって戦えたのでよかった。今日は、カーブがよかった」と振り返り、「緩い変化球、カーブは、これからも磨きをかけていきたい。ピッチャーは自分1人ではない、みんながいたからここまでこれた。来年に向けてチーム一丸となって底上げ出来たらいいと思う」と意気込んだ。

◆ 2安打の北川

この試合2安打1盗塁の北川智也は、「悔しい。個人として、まったくチームの役にたてなかった」と悔しがった。

 「都市対抗でヒットがでなくて、焦り、悩み、悔しさもあった。なんとかしたいなとは思って、ここまで来たら割り切っていこうと思った。試合中、大会中、練習中もみんな声をかけてくれて、チームが勝てていたから、割り切りができた。最後の最後にヒットが打ててよかった」とチームメイトに感謝した。

 二塁の守備に関しては、「思い切ってプレーが初戦からできていたので不安はなかった。今日、大事な場面で良いプレーができたということは、自分の中で成長できたかなと思う」と自己分析し、「2年連続ベスト4で終わってしまったので、来年こそは、もう一つ上にいけるようにやっていきたい」と決意を述べた。

また、北川は今後の課題について、「大舞台での成績があまりよくなくて、いい結果を残せてない。大きな場面で打って成績を残し、より信頼してもらえるように大会での結果にこだわってやっていきたい。バッティングも守備も両方とも、確実性をあげていって、より信頼してもらえるようにやっていきたい」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 結局横山くんはリリーフ2試合だけで終わっちゃったな。三振取れるところは見せてくれたからプロでもリリーフで回れる姿を見せてくれよ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定