岸谷五朗×岡山天音×岸井ゆきの、初共演の化学反応に手応え『No Activity』撮影秘話

0

2021年12月08日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『No Activity/本日も異状なし』(12月17日よりPrime Videoにて独占配信)より(左から)岡山天音、岸谷五朗、岸井ゆきののトーク映像が解禁(C)2021 Amazon Content Services LLC
『No Activity/本日も異状なし』(12月17日よりPrime Videoにて独占配信)より(左から)岡山天音、岸谷五朗、岸井ゆきののトーク映像が解禁(C)2021 Amazon Content Services LLC
 俳優の豊川悦司が主演し、中村倫也と共演するAmazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』(12月17日配信 全6話)より、麻薬取引に絡む犯人グループの諌山(いさやま)を演じた岸谷五朗と、もう一人の犯人・一条(いちじょう)を演じた岡山天音、そして秘密を知ってしまったことで人質となってしまう茉莉(まり)を演じる岸井ゆきのの3人が、撮影秘話を語る特別映像が解禁となった。

【動画】岸谷五朗&岡山天音&岸井ゆきの特別映像

 本作は、オーストラリアで大ヒットしたコメディードラマ『No Activity』を日本版としてリメイクした新感覚のコメディー・刑事ドラマ。ハッタリだらけのベテラン刑事の時田(豊川)と、刺激を求める今時な新米刑事・椎名(中村)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、予測不可能な騒動を描く。

 解禁された映像では、初共演ながら息の合った掛け合いを見せる3人を見ることができる。岸谷が演じた諌山は、前科7犯で何をしでかすかわからない異様な雰囲気を醸し出しているが、実はお人好しで風変わりな性癖を持つ小悪党。岸谷は、「一条や茉莉ちゃんの芝居にかき乱された結果、とても素敵なキャラクターが生まれました。初共演だったということも良かったと思います」と語り、3人がそろったからこそ生み出すことができた化学反応の手応えを語った。

 癖の強い諌山と初めて手を組むことになった一条は、諌山と比べると一見まともに見えるが、実は犯罪心理への好奇心に突き動かされ、自ら犯罪に手を染める“犯罪ストーカー”。岡山は3人の関係性の面白さについて、「どちらかが優勢になったかと思えばもう一方が優勢になったり、ちょっとずつ関係性が変わっていったりするところ」と語っている。

 そんな2人に加え、事件をさらに厄介にするのが、麻薬取引の情報を偶然知ってしまったことから誘拐され、人質となってしまった茉莉。SNS依存症の茉莉は、囚われの身になってしまうという絶体絶命のシチュエーションにも関わらず、怖がるどころか「こんな機会は滅多にない!」と生配信を始めたがるような、誰よりもぶっ飛んだキャラクター。そんな茉莉を演じて岸井は「諌山が一番変だと思っていても、『一条の方が変じゃない?』『でも私(茉莉)の方が変かも?』というように、ワンシチュエーションなのにいろんな感情になるところが面白いです」と、三者三様の変わり者トリオが見せる掛け合いを見どころに挙げている。

 時田と椎名が張り込み捜査で割り当てられた持ち場は、なんと、諌山・一条・茉莉のいる取引現場周辺。やりたい放題にはしゃぎ倒す時田と椎名は、一見捜査の蚊帳の外かと思いきや、偶然にも事件の核心に迫っていく。そんな事とはつゆ知らず、くだらないおしゃべりに夢中になる時田と椎名。そんな2人を叱り飛ばしながらも、恋バナに花を咲かせる無線連絡室のコンビ(木村佳乃・清野菜名)。そして、あろうことか絶妙にウマが合ってしまう犯人コンビと人質。それぞれの思いとは他所に、重なり合う偶然が次第に7人を結び付けていく。適当バディは犯人グループを捕らえることができるのか!? あるいは犯人グループが無事取引を成立させてしまうのか!? これまで見たことの無いような型破りな刑事コメディドラマに期待大だ。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定