【F1第21戦無線レビュー(1)】「彼はタイヤを交換できるんだよね」SC中のピットインが裏目に出たハミルトン

0

2021年12月08日 18:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第21戦サウジアラビアGP メルセデス勢のピットインで首位に立ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP メルセデス勢のピットインで首位に立ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2021年シーズンのF1第21戦は、初開催のサウジアラビアGP。決勝レースでは序盤から2度の赤旗中断を挟んで波乱の展開となった。タイトルを争うマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンも、セーフティカーや赤旗を挟んで順位が入れ替わり、ピリピリした様子を見せていた。サウジアラビアGP前半を無線とともに振り返る。

────────────────────

 初開催のサウジアラビアGPは、予選からすでに波乱含みだった。Q3最後のアタックで圧倒的な速さを見せていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、最終コーナー立ち上がりでクラッシュ。メルセデスにフロントロウ独占を許す結果となった。

 ギヤボックスやパワーユニットへのダメージはなく、そのまま決勝レースに出場できたのは不幸中の幸いだった。

ジャンピエロ・ランビアーゼ:すべて大丈夫だ
マックス・フェルスタッペン:わかった

 しかしスタート加速は鈍く、順位を上げることはできない。こう着状態のままレースが進んでいったが、9周目のターン22でミック・シューマッハー(ハース)がクラッシュ。マシンは大破し、セーフティカー導入となった。

ゲイリー・ギャノン:大丈夫か
シューマッハー:大丈夫。……申しわけない

 SCの間に首位ルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)が次々にタイヤ交換に向かう。ボッタスはピットイン前に、ハミルトンとの間隔を空けようと極端にスローダウンした。

フェルスタッペン:バルテリがものすごく遅い。これ、許されてないだろ
ランビアーゼ:そう思う
フェルスタッペン:ペナルティの対象だよ

 しかし審議の対象となることはなく、ステイアウトしたフェルスタッペンが首位に立った。

フェルスタッペン:SC、もっと速く走ってくれないかな。100km/hだよ

 まさかそこまで遅くはないはずだが、フェルスタッペンは苛立ちを抑えきれない。

 13周目、事故処理に時間がかかると判断したレースディレクターのマイケル・マシは、赤旗中断を決断した。

ハミルトン:これはつまり、彼はタイヤ交換できるってことだよね
ボニントン:残念ながら、そういうことだ

 ピットレーン上でハードに履き替えたフェルスタッペンは、労せずして首位をキープできることになった。メルセデス2台のSC中のタイヤ交換作戦は、完全に裏目に出たことになる。

ハミルトン:赤旗だ! タイヤバリアは、全然大丈夫に見えるのに。どうして赤旗なんだ! 理由は言ってるのか?
ボニントン:まだ何も聞いてない

 ハミルトンは戦略担当エンジニアのジェームズ・ボウルズを直接呼び出して、責め立てた。ボウルズの返答は、ほとんどしどろもどろだった。

ハミルトン:ジェームズ、あれはすごいギャンブルだったんじゃないのか?
ボウルズ:確かにリスクはあった。でもペレスもピットインしたし、トップ10の多くはピットに入った。確かに100%、意味があったとは言えない。赤旗が出る可能性はあったからね。でもそうなるとは予想していなかった。僕らは十分速い。これについては、あとで話し合おう

 角田はスタートでエステバン・オコン(アルピーヌ)と接触、8番グリッドから13番手まで後退していたが、ステイアウトして11番手まで順位を戻した。赤旗が出た際に、マシンにダメージがあるのか確認を依頼した。

角田:スタートで右リヤに接触された。チェックしてくれ
マッティア・スピニ:わかった。チェックしている

 ミディアムタイヤスタートのドライバーはほぼ全員ハードに履き替え、通常ならこのまま走り切れるはずだ。ボウルズが、「まだ勝てる」と、ハミルトンを励ます。

ハミルトン:みんなこれで最後まで行くよね
ボウルズ:最初のスティントですごくペースがあったから大丈夫だ。またSCが出るかもしれないしね

ハミルトン:ピットレーンで、スタート練習してるぞ

 すぐ前のフェルスタッペンがピットレーンで急加速したことを咎めるハミルトン。一方のフェルスタッペンもSCのスローペースや、ハミルトンが極端に間隔を空けることを責めていた。チャンピオン候補のふたりは、明らかにピリピリしている。

フェルスタッペン:SC、なんであんなにゆっくりなんだ。タイヤが温まらないよ!
フェルスタッペン:ルイスが10車身以上遅れてるよ。あれは許されてないだろ?

 15周目にレース再開。しかし先頭のフェルスタッペンはここでも加速が鈍く、ハミルトンがターン1でほとんど先行する。しかしフェルスタッペンはターン2をショートカットして、首位を死守した。前を塞がれたハミルトンは、オコンにもかわされ3番手に後退した。

ハミルトン:カットして前に出ている。俺が前だった
ボニントン:見てたよ
ハミルトン:接触を避けないといけなかった

 その後方では、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がウォールに突っ込み、クラッシュ。さらにニキータ・マゼピン(ハース)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)の多重事故も発生した。これで2度目の赤旗中断となった。

ペレス:誰かがぶつかった。ルクレールだと思う
ヒュー・バード:そうだ。きみは、どうしようもなかった

シャルル・ルクレール:ペレスは僕がここにいるのを忘れてた!

レース前半で2度の赤旗中断。しかし波乱の展開は、まだ序の口だった。

────────────────────
(2)に続く

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定