『ハンオシ』坂口健太郎の演技がすごい! 百瀬感あふれる“ださい走り方”にも注目

0

2021年12月08日 21:10  クランクイン!トレンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!トレンド

写真百瀬柊(坂口健太郎) 『婚姻届に判を捺しただけですが』第8話より  (C)TBS
百瀬柊(坂口健太郎) 『婚姻届に判を捺しただけですが』第8話より  (C)TBS
 結婚願望を持たず仕事に夢中なイマドキ女子・大加戸明葉(清野菜名)と偽装結婚を望むワケアリ男子・百瀬柊(坂口健太郎)の“偽装結婚”を描く不意キュンラブコメディー『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が12月7日(火)に放送された。百瀬に気持ちを分かってもらえない明葉が家出をすると、あとに転がり込んできたのは、ずっと明葉に思いを寄せているはずの牧原唯斗(高杉真宙)だった。ひょんなことから、百瀬と唯斗の不思議な暮らしが始まる。思いもよらぬ美しい二人の共同生活と、そこで明るみになる百瀬の気持ちに注目したい。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

【写真】「よかったわぁ」と反響! 走る百瀬柊(坂口健太郎)

■坂口健太郎が作る百瀬にキュン!

 明葉の親友を自称する唯斗が居候してきたことから、百瀬は明葉の本心をなんとか聞き出そうとする。しかし唯斗はなかなか口を割らない。そんな奇妙な共同生活で、唯斗は百瀬にズバズバと思ったことを伝えてきた。そこには「明葉を好き宣言」や「明葉への告白宣言」も。しかし一方で唯斗は、不器用な百瀬のために明葉の“気持ち”のヒントになる言葉も散りばめていたのだ。これをきっかけに、百瀬は自分の気持ちを確かめようと、走って明葉に会いに行きハグをする。

 持ち前の不器用さが百瀬の魅力でもあるのだが、あまりの鈍感ぶりは唯斗も、麻宮祥子(深川麻衣)も、そして明葉のことも振り回すことに。誰もが百瀬のつかみどころのなさに手を焼いていた。しかしそんなことにすら気付かない本人は、突然出ていった明葉の気持ちが分からないと言い出し、唯斗を家に上げてアドバイスをもらう始末。もはや何をもってして“友情”と呼んでいるかさえも分からない感情を掲げながら、百瀬本人もまた、もがいていた。

 百瀬はしきりに明葉の気持ちが分からないと言っているが、一番分からないのは自分の気持ちだろう。しかしそれでも百瀬のことは応援したくなる。不器用ながらも一生懸命前に進もうとして、理解しようとしている姿にキュンとしてしまうのだ。坂口は演技の中に、百瀬のキャラクターが際立つ個性をしっかりと盛り込んでいる。トランプのババ抜きで負け続ける表情や、ハグのために走る時の“運動が苦手”感のあふれ出るフォームなど、これらの愛らしい百瀬の姿に視聴者からは「ババ抜きする百瀬さんかわいすぎる」「百瀬のださい走り方よかったわぁ」など“キュン”としたとの声が上がった。

■唯斗のかっこよさも話題に

 加えて第8話ではなんと言っても唯斗の活躍が目覚ましかった。自分の気持ちが分からず混乱し、美晴(倉科カナ)という不毛の地から抜け出せない百瀬とは対照的に、ストレートに明葉への気持ちを口にする。さらに今回は獣医師という夢に向かって努力する姿や、勤務時間外も迷いペットの捜索に出るなど温かい心の持ち主であることも深く伝わってきた。そして好き宣言からの告白宣言など、男らしくはっきりと物申す頼もしさにときめいた視聴者も多かったのではないだろうか。

 唯斗がこれほど明葉を気にする理由は、恋だけではなく自身の両親の姿も理由の1つにあった。こうしたバックグラウンドが明らかになった今、唯斗はかなり強力なライバルだと言えよう。現段階では、明葉は唯斗に思われていた方が幸せなのではないかとすら思ってしまう。SNS上では「自分の精神貫く唯斗くん、かっこいいぞ…!」、「マジで高杉真宙がカッコよすぎるんだが」など唯斗の魅力にはまる視聴者も続出。恋の2番手キャラでありながら、その素晴らしい魅力から多くの視聴者に愛されるキャラクターとなった。

 幸せあふれる抱擁の後に百瀬が残したのは「今すぐ僕と離婚してください」という不穏な言葉だった。この言葉の真意はいったいなんなのだろうか。明葉に対して抱く“特別”な感情は果たして恋なのか。複雑な百瀬の胸中が明かされる時が待ち遠しい
    ニュース設定