佐藤浩市、歌手として初アルバムリリース 映画デビュー40周年&還暦イヤーに

0

2021年12月08日 22:51  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真歌手として初アルバム『役者唄 60 ALIVE』をリリースする佐藤浩市  Photo by 操上和美
歌手として初アルバム『役者唄 60 ALIVE』をリリースする佐藤浩市  Photo by 操上和美
 日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市が、映画デビュー40周年、そして還暦イヤーの2021年、初めて歌手としてアルバム『役者唄 60 ALIVE』を、自身の誕生日の12月10日にリリースする。

【写真】渋すぎる!61歳の誕生日に発売 佐藤浩市の初アルバムジャケット

アルバム発売に先立ち、収録曲「Shut Up!!」を先行デジタル配信。この曲は、宇崎竜童が今回のプロジェクトのために書き下ろしたナンバーで、世の中の不条理にNOを叫ぶダンサブルなナンバー。ブルーノート東京で行われた無観客ライヴ・レコーディングには宇崎竜童と木梨憲武がゲスト・ヴォーカルで参加し、豪華コラボレーションを披露。

 また、同楽曲のショート・ミュージックビデオがYouTubeで公開。これは佐藤の“才能のある若手にチャンスを与えたい”という願いのもと、俳優の東龍之介が監督を務めた作品。佐藤が昼下がりの公園で酒を飲みながら競馬新聞を読む冴えない中年男性を演じるほか、宇崎、木梨、浅田美代子、小澤征悦、吉木りさ、須田邦裕、寛一郎が友情出演している。

 なお、8日放送されたフジテレビ音楽特番『2021FNS歌謡祭』第2夜にも出演。アルバム収録の「横浜ホンキー・トンク・ブルース」を江口洋介、小澤征悦とのコラボで熱唱した。

 佐藤浩市のアルバム『役者唄 60 ALIVE』 は12月10日発売。

■『役者唄 60 ALIVE』収録曲
<CD>
ONLY MY SONG
DON’T YOU FEEL LONELY?
朝日のあたる家
LAZY DAY (OVER AND OVER AGAIN)
ブルースで死にな
横浜ホンキー・トンク・ブルース
Shut Up!!
生きてるうちが花なんだぜ
Life is too short (studio ver.)

<DVD>
・ ONLY MY SONG
・ DON’T YOU FEEL LONELY?
・ 朝日のあたる家
・ Life is too short
・ LAZY DAY (OVER AND OVER AGAIN)
・ ブルースで死にな
・ 横浜ホンキー・トンク・ブルース
・ Shut Up!!
・ 生きてるうちが花なんだぜ
・ Shut Up!!
・ Life is too short
    ニュース設定