過酷な双子育児。買い物中「ゆっくりで大丈夫」優しさに涙【育児中に救われた言葉事典:第9話まんが】

3

2021年12月09日 11:51  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回からの続き。私は4ヶ月の双子を育てています。娘たちはとても可愛く愛おしいですが、日々を過ごすのに精一杯です。買い物に行くのも、スーパーでは双子用のベビーカーが通ると通路をふさいでしまうため迷惑にならないようにと、とても気をつかいます。

けれどまだまだ会計までは時間がかかりそうです。
ようやく私の番です。私の後ろにも並んでいる人が見えます。急がないと、うるさいと思われている、早く出て迷惑をかけないようにしないと、と焦ってしまいます。

脚2

脚3
そう言って笑顔で対応してくれた店員さんは、スーパーで買えるもの以上の「温かい気持ち」を私に与えてくれました。どうもありがとうございました。

【育児中に救われた言葉事典:第10話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・てる 編集・秋澄乃

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 泣く子も笑う。子供あやすの得意デス。あまり近づきすぎて不審者と疑われるコトも。しかし、冗談抜きで私の顔見て笑う子供多いですよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定