バルサ、04−05から続いたCL連続決勝T進出がストップ…当時はメッシがトップチーム昇格

1

2021年12月09日 12:28  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真トップチームに昇格したばかりのメッシ(2005年) [写真]=Getty Images
トップチームに昇格したばかりのメッシ(2005年) [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が8日に行われ、グループEではバイエルンとバルセロナが対戦。結果は3−0でバイエルンが勝利を収め、ベンフィカに抜かれたバルセロナはグループステージでの敗退が決まった。

 バルセロナはこれまで2004−05シーズンから17シーズン連続でCL決勝トーナメント進出を決めていたが、その記録もストップ。当時は同クラブのトップチームへ、現在パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが昇格したシーズンだった。

 なお、2003−04シーズンのCLへ参加していないバルセロナがグループステージで敗退したのは、2000−01シーズン以来。ロレンチェ・セラ・フェレール監督が率いた当時のチームには、ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・C監督)やルイス・エンリケ(現スペイン代表監督)、また現在同クラブを率いるシャビ・エルナンデスらがトップチームに所属していた。
    ニュース設定