親世代の教育はもう通用しない? 高まるオンライン授業のニーズ

3

2021年12月09日 12:42  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
ミライメイクは、「子どものキャリア教育」に関する調査を行い、その結果を12月7日に公開。同調査は、11月8日に6歳から9歳までの子どもを持つ1,048人を対象に実施された。


「自分たちの時代(親世代)とは異なる形の教育が必要だと感じますか?」と聞いたところ、「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答した人が9割となった。また、異なる形の教育が必要だと思う理由については、「昔とは違う常識、価値観に変化してきている」が最も多く、67.4%に。次いで、「昔とは違う知識、スキルが求められる時代になっている」59.6%、「人生の選択肢に多様性のある時代になっている」45.2%という結果に。


「子どもが将来なりたい職業について知っているか?」という質問では、6割以上の方が「はい」と回答。また、子どもの将来について、親子で話す時間を確保できていない家庭は、半数近く占める結果となり、日々の生活や仕事が優先となり、親子そろって深く話す時間を確保することは難しいことがわかる。


また、小学校でキャリア教育が導入されたことに対して、親世代が子どもの学習面で期待することは「勉強に対する意欲、関心を持つこと」「コミュニケーション能力の向上」「努力や継続ができる力を身につけること」などが上位にあがった。



さらに、キャリア教育を進めるための選択肢となるオンライン教育について、7割近くが「現在取り入れていない」と答えたが、「活用してみたい」と回答した人は6割以上という結果となり、オンライン授業のニーズは高いことがわかる。(MN ワーク&ライフ編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 中学高校と進路指導イコール受験指導だった。卒業後大学キャリアセンター職員に久しぶりに会うと地元柄か製造業ばかりが人気でITは不人気と話していた。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定