ノーベル平和賞 フィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサのドキュメンタリー

1

2021年12月09日 19:49  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2021年のノーベル平和賞に選ばれたフィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサ氏=ドキュメンタリー映画『マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い』12月10日よりJAIHOにて日本初公開&独占配信
2021年のノーベル平和賞に選ばれたフィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサ氏=ドキュメンタリー映画『マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い』12月10日よりJAIHOにて日本初公開&独占配信
 2021年のノーベル平和賞の受賞が決定している、フィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサ氏のドキュメンタリー映画『マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い』(原題:We Hold The Line/2020年/製作:ドイツ)が、映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」で12月10日より日本初公開、並びに独占配信される。

【動画】『マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い』予告編

 同作は、フィリピンのニュースサイト「ラップラー」CEOでジャーナリストのマリア・レッサ氏と彼女のチームが、暗殺部隊を使い数万人もの人々を殺害してフィリピンを強権国家にしている暴力的なロドリゴ・ドゥテルテ大統領を相手に戦う姿を追ったドキュメンタリー映画。

 監督はこれまで世界で起きている問題に焦点を当てたドュメンタリーを製作し、『北朝鮮強制収容所に生まれて』(2012年)では、海外の映画祭で多数の賞を受賞しているマルク・ヴィーゼが務めている。

 マリア氏は、世の中の不正に立ち向っている女性であり、民主主義の失墜を食い止めようと真実の追求を続ける姿が評価され、2018年にはTIME誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた。

 ドゥテルテ大統領に批判的な報道を続けるマリア氏の出国に検察当局は反対していたが、控訴裁判所からスウェーデンの首都オスロ渡航への許可が出たため、現地時間12月10日に行われる授賞式へ出席予定だ。なお、2021年のノーベル平和賞は、マリア氏と、ロシアの新聞「ノーバヤ・ガゼータ」のドミトリー・ムラートフ編集長の、2人の報道関係者に贈られる。

■あらすじ
 フィリピンでは、ニュースサイト「ラップラー」のCEOでジャーナリストのマリア・レッサと彼女のチームが、麻薬犯罪の容疑者に対する超法規的殺人で数万人を殺害したとされる強権的なロドリコ・ドゥテルテ大統領を相手に戦っている。ジャーナリズム精神、そして人を思いやる心が彼女の武器である。

 ドゥテルテ大統領に批判的な報道を続けたため政権の標的となり、2度投獄された。ソーシャルメディアと法律を武器にして国を支配しているドゥテルテ大統領の犠牲となった人々や、責任を避け批判ばかりしている政治家、そして暗殺部隊の隊員の話から、ドゥテルテ大統領の「麻薬戦争」の真実に迫る。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 「ノーベル平和賞の受賞」 これは重複表現だろう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定