三菱UFJ銀も紙の通帳有料化へ 4月以降の口座開設で年550円

217

2022年01月13日 23:22  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真三菱UFJ銀行の看板=2020年3月28日、東京都内
三菱UFJ銀行の看板=2020年3月28日、東京都内

 三菱UFJ銀行は4月から、新たに口座を開設して紙の通帳をつくる場合、年550円の手数料をとることにする。通帳発行にかかる費用を抑え、インターネット上の口座の利用を促したい考えだ。メガバンクでは、みずほ銀行と三井住友銀行がすでに同様の手数料を設けている。


 近く発表する。一定年齢以上の高齢者からは手数料をとらない方針だ。通帳1冊には、紙代や印紙税などで年間数百円のコストがかかっているとされ、経営の重荷になっていた。


 紙の通帳の有料化をめぐっては、みずほ銀行が昨年1月から発行時などに1100円の手数料をとるようになり、三井住友銀も昨年4月から年550円の手数料をとっている。(小出大貴)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 国際金融資本の真相を知り、「日本国民の国」を取り戻そう [三橋TV第299回] 三橋貴明・林千勝・saya youtube https://www.youtube.com/watch?v=7k3awZjwq2A
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 紙に残すってのが大事なんだと思うんだけど
    • イイネ!141
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(126件)

ニュース設定