<灯油ストーブ派?エアコン派?>快適な冬を過ごすために。戸建ての暖房機器は何を使っている?

8

2022年01月16日 15:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

戸建て住宅に住んでいるママのなかには、快適な冬を過ごすため暖房機器選びにお悩みの方もいるかもしれません。ママスタコミュニティにもこんな投稿がありました。
『戸建てにお住まいのママ、暖房機器は何を使っている? うちはエアコンとこたつの2つ』
投稿者さんは、エアコンとこたつだけでは寒く感じ、他のママたちの暖房機器事情を知りたくて投稿されたのかもしれませんね。環境省のホームページには、2017年度の暖房機器の使用状況について紹介されていました。戸建てで使用する暖房機器の割合は、1位:灯油ストーブ類、2位:エアコン、3位:電気カーペット・こたつでした。一方、集合住宅の割合は、1位:エアコン、2位:電気カーペット・こたつ、3位:灯油ストーブ類と、戸建てか集合住宅かで選ぶ暖房機器の種類も異なるようです。子育て中のママは、冬の寒さをどうしのいでいるのでしょうか。
参考:環境省|2017年度の家庭のエネルギー事情を知る

エアコンオンリーで過ごしているママたちの声


『エアコンのみ。24℃で加湿暖房にしている。ソファでうたた寝するときはブランケットをかけるぐらい』
『うちもエアコンで、律儀に20℃に設定しているけれど、やっぱり夜は寒い』
『エアコンオンリー。首都圏。2階リビング。1階は寝室、子ども部屋、お風呂など。2階リビングはかなり暖かいので、床暖も不要』
『最新の家って床暖なくてもエアコンだけで足元まであったかいんだよね。コストかからなくていいよね』
戸建てでもエアコンのみで冬を乗り切れているママもいるようですね。最近は住まいの全室を均一の温度に保てる「全室空調システム」の戸建てや、家の隙間をなくすなどして断熱性を高めた戸建てもあります。最新の戸建てにお住まいのママは、エアコンのみでも快適に過ごせると感じているのかもしれませんね。

また、みなさんエアコンの温度設定も気になっているようで、どのくらいの温度設定にしているか投稿してくれたママもいました。住まいの構造や広さ、住まいの地域によって適温はまちまちになりますが、参考になるのではないでしょうか。

エアコン+補助の暖房機器を使用しているママたち

『エアコンとこたつ。もう少し外気温が下がれば、こたつはやめて床暖房にする』
『エアコンと床暖房』
『エアコンとホットカーペット。前はこたつだったけれど、なくても去年過ごせたのでこの2つ』
『エアコンとホットカーペット。本当は石油ファンヒーターがいいけれど、灯油を買いに行くのが面倒くさい』
『エアコンとホットカーペット。去年まで石油ファンヒーターだったけど、灯油が高すぎてエアコンにした』
エアコンをメインの暖房機器として使いつつ、床暖房やこたつ、ホットカーペットなど、補助の暖房機器と組み合わせて寒さをしのいでいる家庭が多いようです。補助としての暖房機器には、こたつかホットカーペットかの2択で選んでいるママが多いように見受けられました。

また、石油ファンヒーターをメインで使用していたものの、灯油が高かったり購入するのが面倒だったりして、エアコンに乗り換えたという方もいました。この石油ファンヒーターが面倒と感じる理由には、給油自体を面倒と感じるだけでなく、安全性の確認が必要という点もあるようです。

経済産業省が発行するパンフレットには、石油ストーブや石油ファンヒーターの給油の際の注意点が載っていました。とくに事故につながりやすいのは、「暖房器具のすぐそばで給油する」「給油の回数を減らすために、いっぱいに灯油を入れる」「灯油のタンクのふたをきちんとしめない」の3通りがあるようです。小さな子どもがいるママは安全面が気になりますよね。ママスタコミュニティでは、安全面から灯油系の暖房機器よりもエアコンや床暖房を使用する人が多いようでした。
(参考:経済産業省|「なにげなくしていませんかこんなことー石油ストーブの安全な使い方ー」)

消去法で暖房機器を選んでいるママもいる


『石油ファンヒーターとホットカーペット。エアコンの暖房は風が嫌でつけたくない』
『都内住み。ガスファンヒーターとこたつ。洗面所には電気ストーブ。エアコンは苦手』
『ガスファンヒーターだったけれど、ガス代がえげつないからエアコンのみ。結露もなくなった!』
『エアコンを掃除してなかったからファンヒーターを使っていた。今日頑張ったのでエアコンとこたつの生活になりました。灯油は高すぎる』
『灯油が高くて、ファンヒーターからエアコンメインに切り替えた。以前は月に2万円近く灯油代がかかってたけれど、エアコンなら月5,000円位かな。戸建ては暖房費が高いよね。集合住宅では部屋の位置によるけれど、暖房費ほとんどかからなかった』
光熱費の観点から、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターからエアコンに変えたママもいました。エアコンは、その他の暖房機器よりもコスパがいいと感じているようです。一方、エアコンが苦手なママは、ガスファンヒーターか石油ファンヒーターを使用しています。どの暖房機器も一長一短がありそうですね。エアコンで部屋が乾燥するのが気になるママは、加湿器とセットで使用してみてはいかがでしょうか。

メインの暖房機器を選んだ上で、組み合わせを考えよう


ママスタのママたちは、メインの暖房機器にエアコンか石油ファンヒーターもしくはガスファンヒーターを使用し、それでも寒い場合は、こたつやホットカーペット、床暖房などを補助暖房機器として使用しているようです。筆者もマンション住まいのときは床暖房オンリーで過ごせましたが、戸建て住まいでは、ガスファンヒーターとエアコンを使用しています。ただ、まだ寒いんです。現在こたつかホットカーペットのいずれかを購入しようと検討中です。

アレルギー持ちの家族がいると、ダニがつきやすいこたつの布団もホットカーペットも避けたいところですよね。防水、抗菌、ダニバリアのフローリングタイプのホットカーペットもあるので、小さなお子さんやアレルギーのあるお子さんには良さそうです。

それぞれの住まい事情によって、暖房機器の組み合わせは変わると思いますが、ぜひママたちの声を参考に、安全で快適な暮らしを実現してくださいね。

文・安藤永遠 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 職場とか広い場所では平気ですが、狭い空間でのエアコンが苦手で夏も冬も使いません。在宅勤務中はデスクコタツ、休んでいる時は普通のコタツ。私はそれで十分
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定