胃腸ケア&美肌効果も◎キャベツの使いきりアイデア

0

2022年01月16日 19:40  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」
40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

身近な野菜のひとつである「キャベツ」。

年中手に入りますが、冬のキャベツはしっかりと重みがあり葉がギュッと詰まっているのが特徴です。煮物や炒め物、生食と調理幅も広く、どんなジャンルの料理にも合わせやすい味わいです。

インナービューティー料理研究家の筆者が、キャベツの使いきりアイデアと押さえておきたいキャベツの栄養をご紹介します。

■キャベツを丸ごと使いきるアイデアレシピ5選

(1)旨味たっぷりキャベツサラダ

ざく切りにしたキャベツを少量の塩昆布と一緒によく揉みます。出てきた水分を捨て、仕上げに削り節を全体に和えれば完成です。

程よい塩味と鰹&昆布の旨味がやみつきになる簡単サラダです。

(2)キャベツの卵とじ

細切りにしたキャベツをごま油でさっと炒めたら、溶き卵を加え全体をよく和え炒めれば完成です。お弁当のおかずや、「あと一品欲しい」というときに便利です。

細胞の材料となる「たんぱく質」や不足しがちな「カルシウム」もしっかり補給できる一品です。

(3)たっぷりキャベツとうす揚げの味噌汁

細切りにしたキャベツと油抜きをしたうす揚げを、味噌汁の具材としてたっぷり加えるだけ。忙しい日はインスタントの味噌汁にキャベツを足すだけでもOKです。

「ビタミンC」は水溶性のため、汁ごとのみ干せる味噌汁なら損失量が少ないです。

(4)キャベツたっぷりお好み焼き

粗みじん切りにしたキャベツを、たっぷりの卵とお好み焼きの生地に混ぜ込んで焼きましょう。市販のお好み焼き粉を使えば簡単です。

豚肉やシーフードなどのお好みの具材と合わせれば、一品でも食べ応え抜群で満足感の高いメニューになります

(5)キャベツヌードル

肌寒い日にぴったりな鍋の締めに、麺類や雑炊の代用として細切りにしたキャベツをたっぷり投入してみましょう。ヘルシーなキャベツヌードルは鍋スープとの相性も抜群。

低カロリー・低糖質でも大満足できるので、これならダイエット中にたくさん食べても安心ですよ。

■キャベツの美容に嬉しい栄養

年始にぴったりの栄養で胃腸ケア

キャベツには「ビタミンU」が豊富です。別名“キャベジン”とも呼ばれ、胃腸薬の成分にも使用されるほど胃腸機能をサポートしたり粘膜を保護する働きが期待されています

年末年始の暴飲暴食から、胃腸の調子がすぐれないという方には特におすすめです。

美肌作りをサポートするビタミンC

キャベツには「ビタミンC」も豊富に含まれています。高い抗酸化作用によりエイジングケアをサポートするほか、コラーゲン生成をサポートして弾力のある強くて美しい肌作りをサポートします。シミ・そばかすの予防にもおすすめです。

ビタミンCは加熱に弱いため、サラダなどの生食がおすすめです。ビタミンCは外側の葉や芯付近に特に豊富なので、外の葉も捨ててしまわず良く洗って使いましょう。

小さいけれど栄養豊富な「芽キャベツ」

「ビタミンC」や「ビタミンB群」「葉酸」などの含有量は、実は小さな芽キャベツの方が豊富です。

冬から春先にかけてはスーパーでも手に入りやすいので、見かけたらぜひ料理に活用してみてください。冷え込む日にぴったりな煮込み系の料理との相性が抜群です。

美容と健康に嬉しい栄養を含んだ「キャベツ」。さまざまな食べ方にチャレンジすれば飽きずに美味しく、ひと玉もあっという間になくなりますよ。ぜひ、お試しくださいね。

(インナービューティー料理研究家 フードコーディネーター 國塩 亜矢子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定