独立リーグ茨城からドジャースへ!23歳右腕にドリームチャンス到来

35

2022年01月17日 14:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ドジャースタジアム
ドジャースタジアム
◆ アメリカンドリーム成就なるか

 プロ野球独立リーグのルートインBCリーグ・茨城アストロプラネッツは17日、松田康甫投手(23)がロサンゼルス・ドジャースへ移籍することを発表した。

 松田は石川県・金沢高から拓殖大を経て、2021年シーズンから茨城へ加入した右腕。193センチ・93キロの恵まれた体格から繰り出す最速155キロのストレートが武器で、昨季はわずか3試合(1回2/3)の登板だったが、そのポテンシャルを評価されアメリカンドリームに挑戦するチャンスを掴んだ。

 松田は「一年間、応援ありがとうございました。茨城アストロプラネッツに入ってたくさんのことを学び、成長することができました」と、球団を通じ関係者へ感謝のコメント。「2021年は今まで野球をやってきて一番楽しい一年間でした。今後成長した姿を見せられるように頑張りますので、移籍しても応援よろしくお願いします」と意気込みを口にした。

 これまでにドジャースでプレーした日本人メジャーリーガーは野茂英雄、石井一久、木田優夫、中村紀洋、斎藤隆、黒田博樹、前田健太、ダルビッシュ有、筒香嘉智の9人。松田は10人目となるメジャーでのプレーを目指し、ファームで奮闘することになる。


【画像】茨城から世界へ!23歳右腕がドジャースユニで決意表明
【選手移籍のお知らせ】
《 #ロサンゼルス・ドジャース へ移籍》
■#松田康甫 投手
出身:石川県
経歴:金沢高校 – 拓殖大学

🔻詳細・コメントhttps://t.co/LfTypqIX8N#茨城アストロプラネッツ pic.twitter.com/n0fjRFdygh— 茨城アストロプラネッツ【公式】 (@ibaraki_planets) January 17, 2022

このニュースに関するつぶやき

  • 彼を知ってる人間からするとほんとビックリ。石川県の高校野球ファンの一部くらいしか知名度が無いはず。高校野球界に登場したのも三年の春期と夏に少しだけ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

ニュース設定