あすの関東 晴れて空気カラカラ 火の元に注意 寒中らしい寒さが続く

0

2022年01月18日 16:18  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真あすの関東 晴れて空気カラカラ 火の元に注意 寒中らしい寒さが続く
あすの関東 晴れて空気カラカラ 火の元に注意 寒中らしい寒さが続く

あす19日(水)も関東地方は大体晴れて、寒さが続くでしょう。あさって20日(木)以降も晴れますが、週明け24日(月)は、南岸低気圧の影響で雨の降る所がありそうです。低気圧の通るコースや地上付近の気温、湿度によっては、雪が降る可能性もありますので、最新の気象情報にご注意ください。



●あす19日(水)の天気 午後は雲が多く 夜は雪の舞う可能性も


あす19日(水)は冬型の気圧配置がいったん緩みますが、午後は気圧の谷が通過する見込みです。
朝から晴れて、風も次第におさまるでしょう。
ただ、昼頃からは雲の広がる時間があり、夜遅くからあさって20日(木)の朝にかけては局地的に雪が舞う可能性もあります。
最新の気象情報にご注意ください。
また、空気の乾いた状態が続きます。
きょう18日(火)は、最小湿度が20%台まで下がった所が多くなりました。
あす19日(水)も空気がカラカラに乾燥しますので、火の取り扱いには注意が必要です。


●あす19日(水)の気温 寒中らしい寒さが続く


朝の最低気温は、きょう18日(火)より3℃前後低くなる所が多いでしょう。
東京都心は0度の予想で、北部では軒並み氷点下まで下がりそうです。
通勤、通学の時間帯も厳しい寒さのため、マフラーや手袋など冬のアイテムを活用しましょう。
日中の最高気温は10℃まで届かず、寒中らしい寒さが続きそうです。
風がおさまる分、体感的にはきょうほど寒くありませんが、空気はヒンヤリしたままでしょう。
万全な寒さ対策が欠かせません。


●あさって20日(木)以降の天気


あさって20(木)は、再び冬型の気圧配置が強まるでしょう。
あさっては二十四節気の「大寒」で、一年で最も寒い時期と言われています。
暦通り、平野部では日差しがあっても風が強く、寒い一日になりそうです。
北部山沿いでは、雪が降りやすいでしょう。
21日(金)と22日(土)も晴れて、日中も寒さが続きそうです。
23日(日)は晴れ間のでる所もありますが、雲が広がりやすいでしょう。
24日(月)は、関東の南を低気圧が通過する見通しです。
上空の寒気は一時的に北上しますが、低気圧の通るコースや地上付近の気温、湿度によっては雪の降る可能性もあります。
今後も最新の気象情報にご注意ください。


    ニュース設定